LOFTY PEAK

loftypeak.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:バイク・車( 177 )

夜のカメツー(横浜編)

今回も夜の撮影をしに、お出かけしてみました。

夕方まで、ちょっとした用事を済ませるために出かけていて、
その足でバイクで横浜方面へ直行。

みなとみらいICで高速を降り、バイクを止める適当な場所が見当たらなかったので
赤レンガ倉庫横にある駐輪場にバイクを止めて、歩いて行ったのは
まず「帆船日本丸」のトコロ。
3日~25日までの期間にクリスマスイルミネーションという事で
ライトアップとちょっとしたイルミネーションが日本丸に施されてます。
e0003097_20362076.jpg
e0003097_20363658.jpg
e0003097_20364858.jpg
e0003097_20370190.jpg
日本丸を見た後は、日本丸のお隣にあるクィーンズスクエアのイルミもちょっと拝見。
e0003097_20380887.jpg
e0003097_20382383.jpg
e0003097_20404027.jpg
その後は、バイクを止めておいた赤レンガ倉庫の方へ。
ここでも「クリスマスマーケット」というイベントが開催中で、
お客さんで賑わってました。
e0003097_20422369.jpg
e0003097_20423658.jpg
e0003097_20430153.jpg
e0003097_20431777.jpg
e0003097_20433174.jpg
e0003097_20435169.jpg
この時期、イルミネーションやライトアップなどで、夜の撮影スポットが増えて
カメラ撮影好きにはたまらないですが、デートスポットとしても良い場所だけに
カップルだらけの中に、一人でカメラを抱えて歩きまわるには、ちょっと寂しい(T T)

[PR]
by tsmd | 2016-12-03 23:59 | バイク・車

冬のカメツー(江川海岸・小湊鐡道編)

日曜日(27日)に航空自衛隊の百里基地のイベントに行こうかと考えてたけど、
どうも日曜日は天気が悪いみたいだし、でも土曜日は天気予報でも晴れる予報なので
「それなら土曜日に、ちょっと走りに行きながらカメツーしに行こうか」
と思い、今回は千葉県木更津にある江川海岸と、小湊鐡道の方へ行ってみました。

江川海岸は、最近、日本のウユニ塩湖と言われて話題になり、
そのおかげで観光客も増大(観光バスが来るほど)、ゴミ問題も出てきたり、
挙句の果てにはアホな撮影者が危険行為をして、地元の人達からは
電柱の撤去も辞さないと言い出し始めて、せっかくの絶景スポットが無くなる
恐れが出てきた場所。

自分も友人などがここに行って撮った写真を観て、
「一度は撮影しに行ってみたいなぁ」と思っていて
上記のような問題が出てきてから、行くなら早いウチに行って
なるべく人の少ない時間帯に行った方が良さそうかな?
・・・・というコトで、日の出前に行くことにした。

でも、朝の日の出前に出かける=冬は劇寒(^^;
最初は行くのを躊躇したけど、晴れると聞いたらやっぱりバイクで走りたくなる
バイク乗りの悲しい性w
なるべく寒さを抑えるルートで行く事にして、
首都高(C2)の西側・トンネルルートと、アクアラインの海底トンネルルートを使い
ちょっとヌクヌクになりながら現地へ。

木更津金田ICで高速を降り、下道でちょっと行くとすぐに江川海岸に到着。
月明りもあまりない夜明け前。
自分のバイクのライトだけが頼りの中、海岸近くへ向かうと
途中の道路で鳥?らしき影が道路の真ん中にいる!Σ(゚д゚lll)
思わず「うわぁぁぁぁ!」と大声を出したほど超ビックリ!!
危うく轢きかけそうなトコロを寸前でかわした。
(後でタイヤや車体を見たけど、轢いた痕跡も無いので大丈夫だったようだ)
夜の道は怖いね。
e0003097_19460190.jpg
海岸近くの駐車場にバイクを止めて(海岸の先端までは行けなかった。▲写真は撮影撤収時。)、
いつもホルスターバッグに入れていた小さなLEDライトで足元を照らしつつ
(こんなに真っ暗だと分かってたら、キャンプ用のもっと明るいLEDライト持ってくるんだった)
海岸の方まで歩く。

暗すぎて何がなんだか周囲の状況が分からないけど、
とりあえず三脚を立てて、カメラをスタンバイし、早速撮ってみる。
e0003097_19350340.jpg
明るめの単焦点レンズで撮ってみるとこんな感じだけど、
実際は対岸の工業地帯の明かりが見えるだけで、海の中に立つ電柱は見えにくい状況です。
徐々に夜明けが近くなり、少しずつ明るくなってくる中でレンズを換えたりしながら
しばし撮影続行。
e0003097_19372621.jpg
e0003097_19374325.jpg
行った時間帯が、ちょっと潮の引いた時間だったので、
海が満々と張った海面に浮かぶように電柱が立って見える・・・・という光景は撮れなかったけど
なかなかお目にかかれない風景なので、見ていて面白い。
e0003097_19393631.jpg
e0003097_19395549.jpg
e0003097_19401970.jpg

e0003097_19453802.jpg

撮影中は手がかじかむ冷たさで、左手にはバイク用の電熱グローブをはめたまま。
シャッターを押す右手は、素手のまま。(画面のタッチパネルでシャッターを切ってたので
手袋ありだと難しい)
右手が冷えると、用意しておいたカイロで温めては、またシャッターを・・・という感じ(^^;

撮影してると、海岸のスグ横にある陸上自衛隊・木更津駐屯地からヘリが1機飛び立つトコが撮れた。
e0003097_19432771.jpg
e0003097_19434262.jpg
e0003097_19435264.jpg
思わぬ“ミリタリー成分”の補給が出来て、ちょっと嬉しい(^^;

2時間ほど撮影したトコロで、寒さに耐えるのも辛くなってきたので撤収に。

さて、この後はどこに行こうか。
一応、考えてたのは、養老渓谷あたりに行って紅葉でも撮れればなぁというコトで
適当にバイクを養老渓谷方面に走らせてみる。

小湊鐡道の上総大久保駅近くまで来たら、線路脇にカメラを構えてスタンバイしてる
撮り鉄な皆さんがいっぱい。(朝早くから、結構な人数がいました)
まだ地面に残ってる雪から、太陽の光に照らされて湯気が上がってるトコを
列車を入れて撮ろうと準備してるようでした。
それを見たら自分も撮りたくなってきて、今日は鉄道は撮る気は無かったけど
自分も釣られて別の場所でカメラを用意してたら、スグに小湊鐡道のトロッコ列車が来た。
e0003097_19505864.jpg
とりあえず鉄分補給出来て満足(^^)
さらに走り、養老渓谷近くまで行くと、やたらと観光客のクルマやバスが多い。
「これはかなり混むかなぁ・・・・」と考えて、渓谷の方での紅葉撮影は取りやめ。
さらに走り、小湊鐡道といすみ鉄道の接続駅「上総中野駅」まで行ってみる。

駅では写生をしてるおじちゃん、おばちゃん集団が居るぐらいで
相変わらずのどかな雰囲気です。

ちょうど朝のいい日差しが降り込んできて、ポカポカ温かい。
温かい日差しを浴びながら、列車のいない駅を撮影しまくり温まる。
e0003097_19580746.jpg
e0003097_19582730.jpg


列車は30~40分後に来る予定で、撮る気は無かったけど
日向で温まってるウチに列車が来る時間になったので、撮り鉄モードに切り替えw
先に、いすみ鉄道の列車が到着。
e0003097_19570486.jpg
e0003097_19590575.jpg
e0003097_19592838.jpg
e0003097_19594549.jpg
e0003097_20000918.jpg
e0003097_20002846.jpg
さらに待つ事、10数分で小湊鐡道の列車も到着。
静かだった駅が少し賑わいます。
e0003097_20012671.jpg
e0003097_20020594.jpg
e0003097_20040244.jpg
お客の接続乗り換えも済み、それぞれの列車が折り返していくと
また駅もノンビリ静かな状態に戻ります。
e0003097_20032596.jpg
e0003097_20034471.jpg
ここでの撮影に満足したので、この後はドコに行こうか思案するも
朝早くに起きて出てきた反動で、ちょっと眠い・・・・。
まだお昼前だったけど、道が空いてて、温かいウチに帰る事にして
近くの高速ICから上に上がり、来た時と同じアクアライン経由で帰宅。

この間の雪が少し路肩に残る道を走ったので、バイクもドロドロになったので
洗車をして、まだ食べてなかった朝&昼ゴハンを食べたら、そのまま寝落ちしてた。

今年はあと何回走りに行くか分からないけど、
また江川海岸には撮影に行っておきたいですねぇ。

[PR]
by tsmd | 2016-11-26 23:59 | バイク・車

餃子フェス&ぷちツー(扇町駅)

先月から、SSTR、某SNSバイク乗りの集まりのイベント、キャンプツーと
3週連続お出かけモードで、出費もかさんでるし、遠出するにはちょっとお疲れモード。
でも、久々の良い天気でツーリング日和なので、ご近所ぷちツーしてきました。

まずは、JR中野駅近くの公園で開催されてる 「餃子フェス」に出撃。
TVで紹介されてたのを観てから気になってたので
我慢しきれず、朝ゴハン抜きで行ってみる。
餃子フェスの会場は、中野四季の森公園という小さな公園。
e0003097_16130439.jpg
e0003097_16133219.jpg
近くに駐輪場が少なそうなので、バイクで行くのは考えたけど
止められなかったら、まぁイイやと、行ってみてから勝負で行ったら
案の定、近くの駐輪場は満車でしたが、運良く近場に止められる場所を見つけられたので
結果オーライということで(^^;

近づくにつれて、餃子を焼くイイ匂いがしてきます(^^)
会場内はそれなりの人の多さだったけど、肉フェスとか、ラーメンのイベントに比べたら
規模も小さいので、見た目ほど混雑してる様子もない感じ。
e0003097_16160790.jpg
今までに何度か食べ物系のイベントに行ってみて覚えた
「各店舗で現金で会計しない」「どこかにチケット販売所があるかな?」と探してみるとあったあった。
e0003097_16182130.jpg
e0003097_16204515.jpg
販売所で先にチケット(1枚600円)を購入。
(交通系電子マネーカードがあれば、直接お店で決済も出来て、通常の列にも並ばず
ファストレーンでほとんど並ばずに買えます。
今回、チャージしてなかったので、あえてチケット購入にしました)

まずは1軒目。
WASH1N TOKYO(阿佐ヶ谷)というお店の「チリポヨ焼き餃子」。
e0003097_16212368.jpg
e0003097_16213639.jpg
唐辛子(チリ)とチキン(pollo:ポヨ)を組み合わせたピリ辛な餃子。
味もしっかり付いていて、ゴハンかビールが欲しくなります。

2軒目は、北海十勝餃子(北海道)の「十勝餃子」。
十勝平野産のニラや豚肉を使った、スタンダードな餃子。
e0003097_16235270.jpg
e0003097_16230778.jpg
他にもチーズ入り餃子もあり。
至ってフツーな餃子な感じで、他の店舗の変わり種餃子に比べると
インパクトはないけど、美味しい餃子でした。

並んでる途中で、横目に見てた 一番人気(列が一番長い)お店が、肉巻き餃子のお店。
ここだけずば抜けて、大人気な感じで、並ぶと待ち時間が長そうなので
今回はスルーしました(^^;
e0003097_16312298.jpg


3軒目は、一口餃子酒場BLG(Beer Lovers Gyoza)という店の
「ビールの恋人!サクサク揚餃子」。
一口サイズになった、サクサク、カリカリの揚げ餃子で
これはホントにビールが欲しくなる一品でした(^^)
(ちなみに会場でビールを販売してるブースもあります)
e0003097_16320398.jpg
e0003097_16322097.jpg
最後の4軒目は、西麻布炙り家 縁というお店の「えび餃子 秘伝九条ねぎラー油がけ」。
エビが1本丸ごと入った蒸し餃子。
上にかかった九条ねぎ+ラー油が、高菜っぽくて合います。
このお店は女性に人気あるみたいで、並んでる人も女性が多かったかな。
e0003097_16333109.jpg
e0003097_16334727.jpg
4軒ハシゴして食べて、みんな美味しかったけど
お腹の溜まり具合は5割程度かな(^^;
あまり食べ過ぎても、お値段もお安くないので、これで撤収。




中野を後にして、次に向かったのは、
過去にも何度か行ってる、JR鶴見線の扇町駅。
首都圏でたぶん一番ネコパラダイスな駅です(^^)

ここしばらく、一眼レフでの撮影もお休みがちで、ちょっとしたカメツーをしつつ
ネコ成分の補給も出来る、近場で個人的にお気に入りスポットです。

今日も4匹ほどが、ご出勤。
先客のカップルさんが居たけど、一眼レフでバシバシ撮りながら
貢ぎ物(エサ)を献上しつつ、戯れてきました(^^)
e0003097_16415236.jpg
e0003097_16411955.jpg
e0003097_16430961.jpg

e0003097_16362132.jpg
e0003097_16365071.jpg
e0003097_16370640.jpg
e0003097_16372014.jpg
e0003097_16374196.jpg
e0003097_16375860.jpg
e0003097_16382044.jpg
e0003097_16385681.jpg
e0003097_16391578.jpg
e0003097_16394928.jpg
e0003097_16401285.jpg
e0003097_16405592.jpg
e0003097_16421871.jpg
e0003097_16424327.jpg
e0003097_16480462.jpg
e0003097_16485382.jpg

人懐っこく、すぐすり寄ってきてくれる、
なおかつ、ある程度撮り終わるまで、じっとしてくれる
サービス精神旺盛なネコばかりです。

数少ない電車が到着すると、一気に5~6人増え、
みんなネコ撮影を開始。
完全にココのネコの事を知ってて訪れた感じでした(^^;
e0003097_16445997.jpg
e0003097_16453149.jpg
みんなが電車の出発とともに、ほとんど居なくなると
1匹のネコが、駅員ばりに出発をお見送り&確認してました(^^;
e0003097_16461783.jpg
駅に残ってるのは、近所の工場の警備員のおじさんと自分のみ。
e0003097_16473313.jpg
また場末の駅のノンビリとした時間が流れます。


自分もこれで撤収。
お腹とココロの潤い補給のぷちツーでした。

[PR]
by tsmd | 2016-10-29 16:49 | バイク・車

20数年ぶりのキャンプツー

今年から久々にキャンプをしようかと、数か月前からテントやら、キャンプ関連の道具を買い揃え、
ホントはシルバーウィーク中(夏休みもそれにあわせて取ってた)に
ロングキャンプツーリングをしようと画策していたが、今年の遅めの台風ラッシュや
天候不順のおかげでキャンプがずっとおあずけ状態・・・・・・(--;

今回、10月の三連休も天気はイマイチな予報だったが、
2日目の日曜日の午後から、翌日の月曜日(祝)までは少し良くなりそうだったので、
9日(日)の午後から速攻で支度を整えて、お昼過ぎに自宅を出発。

現在、キャンプツー用にホムセン箱を改良して、ほぼ完成しかかってるが
まだ完全じゃないので、今回はツーリングバッグにキャンプ道具一式を詰め込んで、
テント、寝袋は別バッグに詰め込み、SSTRの時のような過積載?状態で走る。



出発時間が遅かったので、首都高~中央道を使い上野原ICへ。
上野原IC近くのコンビニで、水と非常食用のおにぎりやパンを買い、
この日、目指すキャンプ場は、ちょっと前から目を付けていた
奥多摩にある「奥秋キャンプ場」へ。

上野原から小菅村を抜けて、奥多摩を進み丹波山近辺まで。
キャンプ場の場所はあらかじめ調べておいたので、スグに道も分かって到着。

受付で予約なしで来た事を伝えると、
混んでるけど、いくつかのテントサイトが空いてるので
実際に見てから選んでみますか?とのコトで、
管理人の方の付き添いを受けつつ、3ヵ所ほど見てまわる。

そのうちの他のキャンプの人とも、適度に離れてて、静かな場所
(でも、バイクは間近には置けないトコ)を選択し、
早速受付と、薪を一束購入。
選んだテントサイトで、スグに設営開始。
砂利が多めのキャンプ場なので、細かい石が多いけど
直火でたき火が出来るので選んでみたキャンプ場(^^)

地面の下にあちこち大きな石があるのか、ペグ打ちに一番苦労した。
テントの設営出来たので、スグに買い出しにGO。
近所には道の駅「たばやま」があるくらいで、お店はあまり無いのかな。

道の駅で食料を買おうとしたけど、ほとんど売り切れか、
自分が食べれそうなのが売ってない(T T)
ホントは、ブ厚い肉を焼いて食べたかったんだが、それも無い。
あるのはこの辺の名産?鹿肉ソーセージ。
鹿肉は初体験だけど、これもお肉だ!
と、フツーの鹿肉ソーセージとチョリソーを1パックずつ購入。
おっと、ビールを忘れるトコだった・・・・とあわてて購入。

キャンプ場に戻り、夕飯の準備。
・・・・といきたいが、まずは火を起こすかと、
買った薪と、サービスでくれた新聞紙で火をつけてみるが、
新聞紙も薪も、午前中までの雨とかのせいなのか、ちょっとシケってる(^^;;;
なかなか燃え続けることがなく、すぐ消えたりして四苦八苦。
e0003097_17475949.jpg
一応持ってきていた着火剤を投入して、火が安定してきたトコで
晩ごはん開始。

ブ厚い肉は買えなかったが、鹿肉ソーセージ&チョリソー、
高速降りてすぐのコンビニで買っておいた、フツーのソーセージとつまみはある!
自動的に、今夜はひとりソーセージパーティーですwww
e0003097_17473962.jpg
ビールを飲みつつ、鹿肉ソーセージを焼く。
「あ、油とか調味料忘れた(--;」
「塩はあるあら、それでイイっか」
とシンプルに塩だけで味付けて焼く。

初体験の鹿肉は、意外とジューシーでクセも無くて美味しい♪
パクパクとかぶりついて食べてたが、さすがにソーセージばかりで
半分くらい残ってきたトコで飽きてきたのと、お腹いっぱいになってきた(^^;
(でも、残さず食べきるトコがメタボなおっさんの良いトコロ?・・・・・だから太ry)

川の流れる音と、たき火の炎。
虫も少なくなった時期で、一応、蚊取り線香を焚いておいたが
ほとんど居ないので、のんびりくつろぎタイム。

酒と疲れで眠たくなってきたので、たき火の火を落とし、就寝(21時)。





・・・・・・・・・・・0時頃、
やっぱ砂利敷きの上だと、マットを敷いてるとはいえ、身体が痛い(>_<)
態勢を変えたりして寝るけど、数時間おきに、痛くて目が覚める。
何よりも、ちゃんとした枕を用意してなかったので、首が一番痛い。
「次からは、枕用意するのが第一優先だな」と今回の教訓。


何度か目が覚めたりしながら、朝5時には起きだして
一服しながら、前日に買っておいた非常食(パン)を食べて朝食。

7時前には撤収準備を開始して、7時半過ぎにはキャンプ場を後にして
奥多摩経由、下道でノンビリ帰宅。



20数年ぶりになったキャンプですが、
いろいろと準備不足なトコロや、次はああしようとか、
問題点が分かったし、それなりにお一人様でも楽しんでこれました(^^;

完全に寒くなる前に、もう1~2回くらいキャンプしたいですな。

[PR]
by tsmd | 2016-10-10 18:07 | バイク・車

赤城山~わたらせ渓谷~日光ツーリング(イベント)


いつも参加している某SNSのバイク乗りの集まりで、
今回2回目になる自分が主催のツーリングイベントをしてきました。

9月からず~っと雨続きの今年の天気。
当初、開催予定だった10月1日(土)には降水確率が高くて開催延期になり、
翌日の2日(日)にようやく天候も大丈夫そうになったので
何とか開催することに。

群馬県太田市市内のコンビニに9時半集合の予定だが、
毎度のことながら、混み合う時間帯には走りたくないので
早朝(4時ちょっと前)には自宅を出発し、下道で群馬県方面へ。

途中、館林市内に入ったトコロで、雨に遭遇(--;
ちょうどコンビニがあったので、朝ゴハンを買い、軒下で雨宿りをしながら朝食。
「レインウェア、着ようかなぁ・・・・・、でも着るの面倒だなぁ」
と様子見をしてたら、少し雨が弱まってきた。
小降りになったトコロで出発してみると、わずか数百メートル先では
路面が乾いていて、雨が降った形跡すら無い状態。l
局地的過ぎる雨で良かったような、運が悪かったような・・・・・・。

日曜日のせいか、いつも早朝には多く遭遇するトラックの数も少なく、
道もスイスイ行けるので、思ってたよりも早く(午前6時頃)には集合場所に到着。

みんなが集合してくるまで3時間半。
何して待ってようかな(^^;
(もう一番乗りは慣れたので、この位の待ち時間は平気になってきたw)

珍しくバイク雑誌を買って読みながら待ったり、
給油しに行ったり、スマホでゲームしてたり・・・・・
早い人は9時ちょっと前に到着してきたので、
みんなが揃うまでお喋りしてるウチに、
3名ほどまで揃ったが、あと1名が集合時間近くに
「寝坊した」との連絡(^^;
一応、他に二か所の集合場所を設定してあったので、
遅れてくる方には、他の集合場所で合流するよう連絡して
こっちは予定通りに出発。
e0003097_15573423.jpg
今回集まったメンバーさん達は、過去にもお会いしている
マスツーには慣れてる方達なので、初対面の人の先導をするよりかは
どんな走りをするか知っている人達の先導になるので
比較的気分もラクに先導をスタート。

まずは、赤城山の上を目指して走る。
R50~K69~R353~K4で大沼まで。

e0003097_16034805.jpg
e0003097_16041275.jpg
e0003097_16042594.jpg
e0003097_16043683.jpg
多少、雲は多いけど、雨が降る気配もないし、まずまず順調な出足。
大沼の「おのこ駐車場」で小休止をして、今度は赤城山の裏を下ります。

K251~K62と、赤城山の東側を回るルートからR122のわたらせ渓谷方面へ。

途中、わたらせ渓谷鐡道の水沼駅で小休止。
e0003097_16083241.jpg
タイミング良く列車が上下線とも来たので、みんなで撮り鉄モードw
e0003097_16091596.jpg
e0003097_16094004.jpg
写真を撮りながら休憩してると、駅の待合室に地元のおばーちゃんがひとり。
おばーちゃんが愚痴やら色んな話しをし出したモンだから、
みんなお話し相手として強制参加(^^;
しかも、このおばーちゃん、なかなかお話しが終わらない
(切り上げて行こうかとすると、またお話しが続く)
脱出するのにちょっと時間がかかりました。
(話相手が欲しいんだろうねぇ)
e0003097_16131773.jpg
休憩中に、遅れてくるメンバーさんの状況を確認してみると、
次の集合場所にしてるトコロに、時間的にもうそろそろ着きそうとのコト。
こっちのグループも、水沼駅をそろそろ出発すれば、同じぐらいのタイミングで合流出来そうだったので、
早速みんな出発することに。

R122を走っていると、後ろから追い上げてくるバイクが一台。
信号待ちで良く見ると、遅れて参加のメンバーさんでした(^^)
ちょうどナイスなタイミングで合流出来て、これでフルメンバーで走ります。

次の目的地は、わたらせ渓谷鐡道の神戸(ごうど)駅。
個人的には何度か来ている、この周辺でのおススメポイント。
今回は神戸駅の中にある、列車を使ったレストランでお昼ゴハンをするために寄りました。
e0003097_16180404.jpg
e0003097_16232675.jpg
e0003097_16185609.jpg
e0003097_16212021.jpg

e0003097_16183030.jpg
今回、注文したのは「やまと豚弁当」(手ぬぐい付き)。
e0003097_16242884.jpg
e0003097_16244280.jpg
みんなとお喋りしながら、しばしランチタイムを楽しみます(^^)
e0003097_16254555.jpg
e0003097_16260040.jpg
e0003097_16291021.jpg
食事が終わって、駅舎の方に戻ると
「今日、売れてないので買って行って~」とセールスに励んでいる
売り子のおじさんが売る、大福やじゃがいもの塩ゆでなどのトコロで
買わずに帰るのも可哀そうなので、自分はじゃがいもの塩ゆでを購入。
(後で自宅で食べましたが、シンプルで美味しかった)
e0003097_16300006.jpg
お昼も食べて休憩も取ったので、ここからはイベントルートの後半戦。
(ここで1名が途中離脱。ルート分岐するトコロで手を振ってお別れ)
今回のルート上での、難関コースK15へ。
下見でも走ったけど、日差しが通らない森の中を走る県道なので
路面は湿ってるし、落ち葉や枯れ枝などで滑りやすく、舗装も荒れてる難所コース。
e0003097_16350024.jpg
e0003097_16351990.jpg
(写真は下見の時のです)

この難所を抜ければ、これ以上悪いルートは無くて、みんなも無事に走り抜けられたので一安心。

峠道を降りたトコロで、古峯神社という場所があり、ここで長めの休憩タイム。
e0003097_16374281.jpg
e0003097_16403325.jpg
参加メンバーのひとりが、御朱印集めをしているので
ちょっと変わった御朱印を書いているこの古峯神社のをゲットしたいと申し出を
あらかじめ受けていたので、自分も付いて行きながら神社を見てまわりました。
e0003097_17040954.jpg
e0003097_17043014.jpg
e0003097_17045482.jpg
e0003097_17051263.jpg
e0003097_17053045.jpg
e0003097_17054721.jpg
e0003097_17060170.jpg
神社としては、あちこちにある彫刻がかなり凝っていて、見どころも満載。
御朱印をゲットしてきたメンバーさんは、絵が描いてあるような御朱印が欲しかったらしいが、
待ち時間が30分以上かかるとのコトで、フツーの御朱印をもらってきてました(^^;
(人気あるんだねぇ)

休憩も終了し、後は解散予定の日光市内のコンビニを目指します。
古峯神社からのルートも、景色のイイルートなんだけど、ちょっと曇りがちで、いい天気の時に通れず残念。
e0003097_17100034.jpg
e0003097_17102783.jpg
(写真は下見の時のです)

細く狭い&ちょっと薄暗いルートなどを進み、日光市内のコンビニへ無事到着。
e0003097_17115061.jpg
最後まで、事故とかも無くて無事に走り終えてくれて、主催者としては一安心。
参加者のみなさんの安全運転の賜物です。(感謝、感謝)
簡単に最後のご挨拶をして、みんなで給油して、すぐ近くにある高速インターから
各々帰路につきました。

自分も佐野SA、川口PAなどで休憩をはさみ、夕方には帰宅。
とりあえず、お天気もってくれて良かったぁ(^^;

[PR]
by tsmd | 2016-10-02 23:59 | バイク・車

SSTR(サンライズ・サンセット・ツーリング・ラリー)2016に参加してきました

9月17日(土)~18(日)に開催された、「SSTR(サンライズ・サンセット・ツーリング・ラリー)2016」
に参加してきました。
(SSTRの詳細はこちら
今年の4月に参加者募集が開始され、すぐにエントリー♪
待ちに待っての開催で、ちょうどシルバーウィークだし、このイベントに合わせて
夏休みを取って長期キャンプツーリングをしようと画策。

しかし、台風ラッシュのおかげで、SSTRへの参加はしてきたけど、
今回はキャンプツーリングは出来ずになりました。


9月16日(金)
この日は午前中まではお仕事。
立て続けになってる入稿ラッシュを片付けて、後は後輩に任せて
予定よりも少し遅くなったけど14時には退社。

家に帰ってから、翌日からのツーリングの荷物の最終整理。
SSTRに参加するためのゼッケンをバイクに貼ったり、
この前新しく購入したサイドバッグの取り付けテストしたりと準備して、
夕方には就寝。
・・・・でも、早い時間てのもあるが、明日のSSTRの事を考えると
興奮して寝れない・・・・・(^^;;;
遠足前の子供と一緒だわ。



9月17日(土)
日付が変わって午前0時半。
何とか無理やり睡眠を取り、目覚ましで起きる。
早速準備に取り掛かり、かなり多くなっちゃった荷物を積むのに1時間。
(一応、3~4日はキャンプツーが出来る装備)
午前2時には準備も出来たので、大分早いけど自宅を出発。

どこか途中のファミレスで時間を潰そうかと思い、スタート予定地点に行く前に寄り道。
んでも、30分程度しか居れなかったw
なんか、そわそわして落ち着いて時間がつぶせないw

午前3時半頃には、スタート予定地にしている
東京ゲートブリッジが遠くに見れて、東京ヘリポートが近くにある埋立地へ。
近隣にある倉庫街では、朝早くから仕事をしてる人達のトラックが頻繁に出入りしてる。
e0003097_14262531.jpg

夜空を見ると、月に薄雲がかかってる。
e0003097_14283352.jpg

「やっぱ、朝日は拝めないかな・・・・・」と思いつつ、
時間はまだあるので、バッグ類にレインカバーを付けておき、雨対策をしておく。

ヒマなので、一眼レフを取り出し写真を撮ったり、音楽を聴きながら過ごす。
e0003097_14292910.jpg

e0003097_14294297.jpg

e0003097_1430669.jpg

それにしても、積んできた荷物の多さw
もうちょいコンパクトにしないとダメだよなぁ・・・・と反省。
この荷物のおかげで、座る場所があまり無いです(^^;
昔のキャンプツーリングの時もそうだったwww
e0003097_14313855.jpg


時間も経ち、日の出予定時刻までもうちょいになってくると、
同じSSTRに参加する人らしき方達がチラホラ。
自分を含めて5人くらいが居る。

そして日の出時刻(午前5時25分)になり、海(太平洋や日本の東側の海)をバックに
ゼッケンが入ったバイクの写真を日の出を入れて撮る!
というのがSSTRのスタートルール。
e0003097_1434397.jpg

この天気では日の出が拝めないので、仕方ないけど、一応それ以外の条件を入れて写真をパチリ。
そして、それを専用サイトで位置情報、オドメーターの距離を入れて送信。
送信・・・・・・・・・・。
送信・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
「あれ?何かつながらない?」
「電波は良い場所に居るんだけどな?」

ちなみに他のウェブサイトにアクセスするとつながる。

専用サイトのサーバーがダウンしてるのか?
何度トライしてもエラーになる。
「これじゃスタート出来ないじゃん!」
30分くらい試してみたり、緊急連絡先に電話してみるも
2つある電話番号のひとつは電波がつながらないか電源が・・・・・と。
もうひとつの電話番号の方は、通話中のまんま。
そうこうしてると、他の参加者さん達は出発する人も。

サーバーの復旧を待ってたら、いつになるか分からないので、
とりあえずバイクのオドメーターの距離をスマホで撮影しといて、
地図アプリで現在地(スタート地)のスクリーンショットを撮っておき、
スタートすることにした。

「30分も無駄にしたなぁ」とちょっと焦りながら、
一番近くのインターから首都高に乗る。
大井JCT→C2→中央道のルートでまずは長野方面へ。
走ってると、見かけるバイクのほとんどがSSTR参加者のようで
ゼッケンを貼ったバイクがいっぱい。
おまけに首都高渋滞(--;
いつものソロツーなら、首都高が混む前(朝5時まで)に抜けるトコだけど、
今日はスタート時間が遅いからガッツリ混む時間帯に入った。
おまけに三連休の初日だから、尚のこと混み気味。

SSTRのルールで、ゴールまでに最低5回の休憩をする事。
(内、1回は運営側の指定されたチェックポイントを通る事)
なので、まず1ヵ所目の休憩ポイントとして石川PAへ。
e0003097_14434969.jpg

本来ならば、専用サイト経由で、休憩地の位置とオドメーターの距離を送信する事になってるが
相変わらずサイトはダウン状態で繋がらないので、あらかじめ貰っている
スタンプブックにPA・SA、道の駅のスタンプを押し、休憩の証としておく。
(他の参加者さん達も同じくそうしてた)
ここで、いつも参加してる某SNSのバイク乗りの集まりで会う友人と偶然遭遇。
これから雨が降り出す前に走りに行くトコロなんだとか(^^;

石川PAを出発し、談合坂SAに寄ろうかと思ったが、
たぶんSSTR参加者でスゴイ数になって混んでるかな?と思い、
小さめのPAの方がイイかと、次に立ち寄ったのが初狩PA。
e0003097_14484372.jpg

やっぱりココもバイク多しw
スタンプを押し、一服してからスタート。

そろそろちょっと眠気が出てき始めたので、予定してなかったが
次の釈迦堂PAでも休憩を入れる。
休憩ポイントを今のうち増やしておけば、後々楽になるだろうから・・・・と
ここでも忘れずスタンプゲット。

そして、双葉SAにも立ち寄り、4つめのスタンプゲットとバイクへの給油をしに行く。
e0003097_1452062.jpg

e0003097_14521410.jpg

それにしても、参加者の愛車を見るのも面白い。
レプリカ、オフローダー、スクーター、サイドカーなどなど。
自分の隣に止まってたバイクも、年季の入ったバイクだけど
スゴク綺麗に整備されているようで、つい写真を撮っちゃいました(^^;
e0003097_14532693.jpg


双葉SAを出て、次は諏訪湖SAあたりで休憩しようかと思ってたが、
やっぱり眠気がきて、急きょ、原PAに立ち寄り。
スタンプゲットして、専用サイトの状況を確かめると
ようやく繋がるようになったみたいで、ここで初めて専用サイトで
休憩の位置と距離の送信。
他の参加者さんからも「ようやく繋がるようになったみたいですね」と
お互いに笑いながら情報交換。

SSTRのゼッケン付けたバイクのライダー同士、より気軽に話しかける&話しかけられる事が多くて、
ソロで走っていても、寂しいというコトもなく、こういうトコロがバイク乗りの良いトコロでもあり
連帯感みたいなのがあって楽しいところです。

原PAで休憩を取って、スタンプも5つ。
後は運営が指定する各都道府県にひとつあるチェックポイントの道の駅を行くだけだ。
このまま中央道~岡谷JCT~長野道・松本ICで高速を降り、ここからは下道ルート。
同じルートを走るSSTR参加者も多く、なんだかマスツーしてる気分。

R158を奥飛騨、高山方面へ。
途中のGSで給油して、さらに見つけたコンビニでお昼ゴハンでも済まそうかと立ち寄り。
どこかのお店でゆっくりゴハンでも・・・・・・とも、当初は考えてたけど
予定よりも30分遅れでスタートし、自分が想定してた時間よりも
スケジュールが遅れ気味なので、コンビニで手軽に手早く済ませられるモノでイイかと
おにぎりを買って食べようかと思ったら、
ここでもやっぱり?某SNSで知り合った友人2人と偶然出会う(^^;
これから白川郷の方まで行き、今日はキャンプするそうで、途中まで同じ方向だねと
ちょいと雑談をし、先に休憩しては2人は出発していった。

自分は買ってきたおにぎりをパクつき、一服いれて、すこしノンビリ。
他のSSTR参加者の方とも、雑談したりしたトコで、ようやく出発。

R158を進むと、のどかな風景から、山間のキレイな場所に移り、
ソロで来てたら絶対写真撮りまくってチンタラ走ってそうな場所だけど
今日はノンビリも出来ない。

そして、道の駅「風穴の里」へ到着。
e0003097_15155790.jpg

e0003097_1516823.jpg

ここが長野県の道の駅ではチェックポイントになってる場所で、
すでにスゴイ数のSSTR参加者でいっぱい(^^;;;
お約束の位置と距離、写真の送信を済ませて、スグに出発。
クルマの数もそこそこあるので、ペースはちょっと遅め。

安房峠からは、安房峠道路(有料)を使い峠道はカット。
ほとんどトンネルばかりなので、景色は全然見れない。
終点の平湯ICからは、またR158で高山方面へ向かう。

途中のコンビニでトイレ休憩。
ついでにこの先の雨雲状況を見ると、通る予定の白川郷の付近で豪雨になってる。
「今のうちにレインウェアを着込んでおくか」と雨対策をして出発。

高山市内に入ったトコロで、ろくにルートチェックをしないで
前を走るクルマについて行ってたら、道に迷うも
迷った場所で気になるお店を発見(^^)
e0003097_152327.jpg

こんな看板を見かけちゃったら、素通りは出来ませんがなwww
早速、バイクを止めて、お店の看板の名の売り物「メンチカツ」と「コロッケ」を頼んでみる。
e0003097_15243210.jpg

e0003097_15244399.jpg

1個からでも、注文を受けたら揚げてくれるそうで、
「4分ほどお待ちください」とのこと。
待ってる間、いろいろ眺めてみると、カレーとかいろいろお店の中でも食事が出来るみたい。
e0003097_1526862.jpg

そうこうしてると、注文したメンチカツとコロッケが出来上がった(^^)
e0003097_15265162.jpg

揚げたて、サクサク、超アツアツでしたが、飛騨牛&淡路産玉ねぎを使用してる
メンチカツはお値段高めですが、美味しかったです♪
メンチカツを食べながら、高山の街並みを眺めてると
観光に来ていたおじさん(バイク乗りだそうな)が、自分のバイクを見て
「すごい荷物だな、これなら世界一周出来そうだ」と(^^;
荷物多すぎなのは自分でも分かってるんです。
(昔からいつも、必要なモノ以外にも持って歩くタイプなんで・・・)

それにしても高山市内の街の雰囲気がイイ。
昔ながらの街並みを大事にしつつ、新しいものも上手く馴染ませてる感じがしました。
e0003097_15304748.jpg

e0003097_15305724.jpg

e0003097_15311964.jpg

時間があったら、ゆっくりと街を歩いて散策してみたいトコロですな。
途中で見かけた橋(名前は知らないけど)からの風景が、
昔、仕事で高山のお祭りの写真を使った事があり、
その時に高山市役所に電話して、使用許可の依頼をしたのを思い出した。
「おおっ、ここからの眺めがあの写真のトコロだったのか~」と(^^;
写真撮っておけば良かったw

高山市内を抜けて、白川郷・金沢方面へ行くために
東海北陸道を使おうと思い、R158を走らせると松本で出会った友人建ちと
再び信号待ちで合流w
しばらく同じ方向に行くので一緒に走り、途中で自分は
高山清見道~東海北陸道に行くために高山西ICへ。
友人達はそのまま下道で白川郷方面へ向かい、お互い手を挙げて合図してここでお別れ。

飛騨清見で東海北陸道に入り、そこから一気に金沢方面を目指す。
雨雲レーダーの通り、白川郷あたりで豪雨に遭うも、トンネル区間が多かったので少し助かる(^^;
豪雨エリアを抜けて、城端SAで一旦休憩。
この辺りは当然初めて来る場所だけに、距離感や、かかる時間がイマイチ分からない。
白川郷から金沢まででも、もっと早くに着くのかと思ってたが、
想像してたよりも距離も時間もかかるので、
当初予定してた「白川郷でノンビリ撮影を・・・・・」
なんてやってたら、ゴールに間に合わなかったトコロだwww

ゆっくりしてる場合でもないので、早速出発し、
東海北陸道~能登道へ入り、小矢部東ICで高速を降り、
下道で小矢部市街へ行き、そこでまた給油。
ついでにGSの店員さんに、千里浜までのルートを聞いてみると
分かりやすく千里浜までの快走ルートを教えていただき、助かりました。

教えてもらったR471を、他の参加者さん数名も通るようで
自分はその人達の後ろにくっついて、早めのペースで引っ張ってってもらい
(GSの店員さんの言った通り、ほとんど信号が無い)
1時間かからずに千里浜近辺までたどり着いた。
途中、ひとりでルートを確認しながら走って、うまい具合に
なぎさドライブウェイの入口に到着。

SSTR参加者で渋滞が起きてるほど(^^;
e0003097_15481695.jpg

砂浜の道に入って、自分も記念に撮影を。
e0003097_15485917.jpg

e0003097_15491212.jpg

e0003097_15492389.jpg

「ゴールまで、8km」の表示を見つけ、
「この道って、そんなに長いんだw」と驚き(^^;
あんまり遅く着いてたら、マジで間に合わなかったな。

延々と続くバイクの列に続き、ゴールへと進む。
途中で見てる人なんかが、手を振ってくれるのがスゴク嬉しい(^^)

これで天気が良くて、日没が見れたら最高なトコだけど、
まあ、無事にゴール地点まで辿り着いただけでもイイっか。

特設ゴールをくぐると、何とも言えない達成感。
e0003097_15525121.jpg

ゼッケン番号を確認され、到着タイムが記録される。
バイクは一旦、会場の外に誘導され、臨時の駐輪場へ行かされる。

途中で、主催者の風間さんが、タッチをしながら
参加者の到着を待っていてくれて、
今回のシステムエラーについて、一人ひとり誤ってくれている。
e0003097_15545712.jpg


駐輪場では、参加の記念品がわりに
サイドスタンド用の板も配られていて、いただいてきました。
e0003097_15554371.jpg

芝生の駐輪場にバイクを止めて、駐輪場を眺めると
スゴイ数だなと改めて思う。
今回のエントリー台数が1800台。
去年の倍のエントリーだとか。
e0003097_1556216.jpg

e0003097_15564015.jpg

e0003097_15565488.jpg

バイクを止めた後は、会場に歩いて戻り、そこで完走チェックシートに必要事項を記載して
受付に出すと、完走証明のバッヂやTシャツなんかが記念にいただける。
e0003097_1558458.jpg

e0003097_1601696.jpg

e0003097_1602949.jpg

そして、サービスでおにぎりと貝汁もいただける。
貝汁、普段はあまり貝類は苦手な方なので、手を出さないけど
コレは美味しかったなぁ(^^)
e0003097_15594828.jpg


しばし、ゴール付近で眺めていたけど、
他にも参加している友人を探そうかとも思ったけど、
あまりにも見つけにくいので、諦めて会場を後にすることに。

この日の宿(ビジネスホテル)は金沢市内に取ってあるので、
まずはそこまで戻らなきゃ。
出る準備をしてると止んでた雨が、パラパラと降り出してきた。
レインウェアを脱いでいたけど、あまりにも強くなってきたので、
道の途中で軒先がある郵便局で、レインウェアを着て、
完全に陽が落ちて暗くなり、雨脚の強くなったR159を金沢方面へ走る。

途中で「金沢 30km」の表示を見て、
「30km?」
「ウチ(都内)から実家のあるトコ(千葉の柏)ぐらいの距離じゃん」
「てコトは、1時間半くらいはかかるのか?」
千里浜から金沢って、意外と距離があるコトを知りました(^^;
(勝手に、もっと近いのかと思ってた)

雨強いし、暗いし、道を確かめたいけど、
雨宿り出来てゆっくり道を調べる場所が見つからない
ので、もう道なりに「金沢市街」方面を頼りに走る。
成り行きに任せて走ってたら、山側環状というのを走っていたのか、
ホテルに近い場所まで難なくこれた。

ホテルの場所を確定するのに少し手間取ったけど、
8時頃には予約しておいたビジホに到着。
(チェックイン時間は遅めに設定しといたので、その辺は良かった)
ホテルの人も、本来はバイク置き場じゃないだろう
ホテル裏側の通用口(天井が低いが雨風はしのげる場所)に
バイクを止めさせてくれて、おかげで荷物の積み下ろしが非常に助かりました。

自分で積んどいて何だが、荷物が出来るだけ少なく、コンパクトに!
を目指すコトをしようと思わされましたwww

荷物を部屋に入れて、濡れた服を乾きやすそうなトコにかけ、
着替えてスグに、ホテル前にある閉店直前のスーパーに行き、
晩ごはんなどを買い込み、部屋で簡単に一杯ひっかけながらゴハンタイム。

そのうち疲れから、そのままバタンキューでした。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

明けて翌日(9月18日)

この日もSSTRのイベントが、千里浜のある羽咋市の施設であるんだけど、
まだ降り続く豪雨で、またあっちまで行くのは、ちょっとキツイ(><)
それに、自分で予定していたキャンプもこの天気の状態では
実行するのも厳しいし、何より自分のココロが萎えちゃって
もう帰る気の方が・・・・・・。(出来れば、バイク置いて新幹線でw)

とりあえず、朝食をホテルで済ませ、
出発する準備を整えて、朝9時半頃には帰路へ。

「ああ、結局、地元の美味しいモノとか食べに行く機会無かったなぁ」
(全身ずぶ濡れで、お店とかに入る勇気が出ません)

金沢東ICから北陸道に乗り、北上する形で一路東京へ。
もう走り出しから豪雨の中なので、もう腹も座ったというか、諦めの境地w
「天気が良かったら、ここからの眺めもイイんだろうな~」とか
「この辺りもキャンプツーで行く予定だったんだよな~」とか
雨の中で景色をキョロキョロしながら走る。

小矢部SAで給油と、会社へのお土産を購入。
荷物はこれ以上積めないし、積めても雨で濡れそうなので宅配を依頼して出発。

有磯海SAでも小休止。
こんな雨の中、バイクは多い。
みんなSSTRの参加者のようで、みんな大変だ(^^;

名立谷浜SAに着く頃には、雨が一旦上がり、ホッとして
少しノンビリ休憩しようかと、トイレ休憩と一服してる間に、また降り出してきた(T T)
e0003097_16361542.jpg

e0003097_16362989.jpg

ここでも給油してから、この先の上越JCTから上信越道へ。

相変わらずの雨につづき、妙高高原あたりでは霧まで出てきて
視界50mくらいまでになるが、クルマの数は少ないので
自分のペースで走れるので意外と快適(雨じゃなければ、もっと快適)。
霧に不安になりつつも、何でか妙にハイテンションw

松代PAまで一気に走り、ちょっとココで休憩。
「松代か。第二新東京市だなw」
エヴァンゲリオンファンならお分かりかとw
e0003097_16365167.jpg

ここでは少し雨も上がった状態だったので、軽くパンでも買ってノンビリしようかと
思ったトコロにまた雨が降り出す(--;;;
休憩もほどほどに、出発。

さて、ここから関越方面を目指すか、中央道方面を目指すか迷ったが、
何となく気分で、長野道・中央道ルートへ。
姨捨PAを通り過ぎ、
「晴れてるとここからの眺めサイコーなんだよねぇ」
と思いながら、またいつかリベンジしに来るコトを考え、
みどり湖PAあたりで眠気覚ましに休憩。

まだもうちょいガソリンが持ちそうなので、そこから双葉SAまで
土砂降りの中をかっ飛ばす。

双葉SAまで来ると、また雨も収まり、ここでもちょっとノンビリつまみ食いタイム。
朝のホテルでの食事後、ゴハンはパン1~2個程度を食べてお腹をつないでる感じ。
(濡れたレインウェアを着たまんま、もしくはいちいち脱いでレストランに入るのが面倒)
バイクにも最後の給油。
ここから東京までは、大体2時間圏内だし(空いていればの話し)、
気持ち的には「帰ってきたな」という気分になってくる。

双葉SAを出ると、さっそく「この先、小仏トンネルあたりまで渋滞30km」のお約束表示。
適度に抜けながら、八王子を過ぎ、石川PAまでたどり着き、最後の休憩。
ここまで大分、雨も収まったので、もう大丈夫だろう・・・・・と
レインウェアの上だけを脱いで走りだしたら、また降ってきやがった(--#
「もうどうにでもなれ!」と首都高に入るまで止まらず走り、
首都高C2の地下道の熱気で、濡れた服を乾燥させ、
何とか19時半頃には無事に帰宅。

荷物を下ろし、汚れたレインカバーを風呂場に叩き込み、ついでに自分もシャワー。
キレイさっぱりしたトコロで、晩ごはんは何も用意してないので、
近所の居酒屋まで行き、帰宅後の一杯と晩ごはんタイム。




2日間の走行距離:1,101.2km。
(内、SSTRでの走行距離:464km。)

SSTRは楽しい経験になって良かったですが、
楽しみにしてた夏休みのキャンプツーリングがおじゃんになって
超悔しいっス(T T)
絶対、近いうちにリベンジキャンプしてやるぅ。
[PR]
by tsmd | 2016-09-19 14:26 | バイク・車

海自・横須賀地方隊サマーフェスタ2016&夏のカメツー(2)

横須賀基地でのイベント見学を終えて、
バイクで久里浜の東京湾フェリー乗り場まで来た。
e0003097_941533.jpg

e0003097_9422890.jpg

ここから千葉県の金谷へ渡って、小湊鐡道の方に行こうという予定。

フェリー乗り場に到着した時に、ちょうど前の便が出港したばかりだったので、
次の便に乗れるまで小一時間ほど時間が出来た。
乗船券(バイク込み)を買い、ターミナルの中や、涼しいトコで時間を潰し、
次の便が来たトコロで乗船準備。
e0003097_9441915.jpg


乗船して、バイクを固定してもらい、船内へ。
冷房が効いて、涼しい船内はとても快適~♪
朝から、軽くしか食べ物を食べてないので、ちょっと小腹もすいてきたので
船内の売店で海軍カレーパンと、つくね串、冷たいドリンクを購入して
まったり過ごしながら出港を待つ。
e0003097_9464819.jpg


フェリーが出港すると、4~50分ほど快適な船旅。
デッキに出て、まわりの景色を撮影してみる。
e0003097_948171.jpg

e0003097_9481267.jpg

e0003097_9482361.jpg

e0003097_948333.jpg

e0003097_9484551.jpg

船内は、夏休みの子供連れのファミリーが多いようで、
いい夏の思い出になるんだろうねぇ・・・・・と、はしゃぎ回る子供たちを見て過ごす。

金谷のターミナルに到着し、下船。
まずは岸壁で愛車と景色を撮影。
e0003097_9503651.jpg

e0003097_9504832.jpg

e0003097_1042276.jpg

景色はイイけど、焼けるような暑さ(--;
ターミナル内に行き、ここで、この場所に来た目的の
びわソフトクリームを購入。
e0003097_9515355.jpg

以前にもここに来た時に、買ってみて、すごく美味しかったので
また来た時には食べたい!と思ってた一品。
今回も美味しかったです(すぐ溶けて食べるの大変だったけど)

アイスを食べて満足した後は、カメツー開始。
目指す場所は、小湊鐡道の沿線。
下道で適当に走らせる。
(何回かこっちには来てるので、どうにかなるだろう・・・・と超適当)
知ってる道、知らない道を適当に走ってたら、
久留里線の久留里駅近くにこれたので、そこからは地図なしでも走れる。

まずは小湊鐡道の飯給駅へ。
着いたのは13時過ぎなので、列車の本数、タイミングも悪い時間帯。
時刻表を見ても、当分来なさそうなので、駅まわりの写真だけ撮る。
e0003097_9584651.jpg

e0003097_9585985.jpg

e0003097_9591045.jpg

e0003097_959216.jpg


今回狙ってる撮影ポイントは、ここではなく、他の場所なので
飯給駅での撮影はそこそこにして、移動開始。

行った場所は、上総久保駅~高滝駅の間にある田んぼが広がるトコロ。
e0003097_1051655.jpg

前に夏頃にここで撮影した時に、ここの景色が気に入ったので
「ここで夏の小港鉄道の風景を撮りたいなぁ」と思って来たのが今回の動機。
しかし、次の列車が通るまで炎天下の中で30分以上待たなければならない状況。
持ってきているドリンクで、定期的に水分補給しながら汗だくで待つ。

ようやく、トロッコ列車が通る時間になる。
遠くから警笛が聞こえてきたので、カメラを構えて準備。
e0003097_1083076.jpg

トロッコ列車もイイんだけど、今日はどちらかと言えば、フツーの車両を入れての
撮影が狙いなので、さらに次の列車が来るまで10数分ほど待ち。

反対方向から列車が来る前に、踏切の警報が鳴り、
それを準備の合図にカメラをスタンバイ。
今日はもう体力的にキツイので、この1本がラストチャンス。
e0003097_1011369.jpg

e0003097_10114634.jpg

e0003097_10115634.jpg

e0003097_1012715.jpg

e0003097_10121754.jpg

うーむ、自分の頭の中で思い描いてた感じ通りにならなかったので
イマイチな感じが残るけど、これ以上は続ける体力・気力がもう無いので
これで撤収。

ここから近くのインターで高速に乗り、市原SAで休憩と食事に立ち寄り。
朝、家を出てから軽食みたいなので小腹満たしばかりだったので、
ちょっとマトモな食事をしたかった(^^;
食べた後は、冷房の効いた店内で涼みながら、ちょっとウトウト仮眠。
十分に休憩した後は、そのまま高速で、渋滞に巻き込まれつつ帰宅。

本日の走行距離:259.9km


夏の撮り鉄は、バイクで行くのはきっついわwww
今度は電車で行こうw
[PR]
by tsmd | 2016-08-06 23:59 | バイク・車

カメツー山梨・長野編

先月に下見をした、カメツー(山梨・長野)。
いよいよ本番の日に。

数日前の天気予報では、降水確率も高かったけど
当日の現地の天気は20%以下になってくれたので、開催することに。

今回参加してくれる方々は3名。
みんなバイク仲間で、カメラ撮影が好きな友人。

まずは中央道・双葉SAに、朝7時半までに関東方面から参加のメンバーが集まり、
中央道・韮崎IC近くのコンビニには、朝8時に長野方面から来るメンバーさんが集合の予定。
集合場所には、みんな時間通りに集まってくれて、
ほぼ時間通りに行動開始。
e0003097_7385835.jpg

e0003097_739877.jpg

まずは明野のひまわり畑(山梨県北杜市)へ。
去年、今回も参加している友人に初めて連れていってもらって、
見事なひまわり畑に感動したので、夏の撮影にはココはイイ場所だろう
というコトも考えて、まずはここにしてみた。
e0003097_7381818.jpg

去年はすでに満開状態だったけど、今年は8月になってからの方が
見頃のようで、咲いているのは一角の品種だけ。
それでも、その一角はぎっしり咲いているので、撮影には困らない(^^;
30分ほど自由時間にして、みんなそれぞれに撮影開始。
e0003097_7404946.jpg

e0003097_741412.jpg

e0003097_7411810.jpg

e0003097_7413080.jpg

e0003097_7414496.jpg

撮影してると、あっという間に時間も過ぎ、他のみんなも十分に撮れたよう。
会場には出店が出ているので、そこで冷たいドリンクを買い、
涼しいトコロでノンビリおしゃべりしながら、カメラのお話しなど。

休憩した後、次の撮影場所へ移動。
バイクだと、スグに移動できたり、途中で止まって急に撮影したり・・・というのが気軽に出来るので
カメツー(カメラ・ライダーツーリング)は面白い。

次の場所は、井戸尻遺跡という場所。
e0003097_7465955.jpg

e0003097_7471163.jpg

e0003097_7472352.jpg

なだらかな斜面のトコロに、竪穴式住居が復元されてあったり、
遺跡の近くには、古代蓮というのが点在していて、地元の知ってる人には有名だとか。
e0003097_7474453.jpg

e0003097_7475950.jpg

e0003097_7481148.jpg

e0003097_7482958.jpg

e0003097_7483931.jpg

e0003097_7485435.jpg

e0003097_749726.jpg

今回参加してくれている、長野方面からのメンバーさんからの情報提供で
古代蓮の事も知り、そのおかげで、みんな撮影熱がさらにヒートアップ(^^;
当初、30分程度の撮影時間を予定してたけど、延長要請が来るほど。
おかげで、みんな集中して楽しく撮影ができたようで良かった。


撮影が終わり、ちょうどお昼どき。
この後は、霧ヶ峰高原の方に行く予定にしていたが、
山の方のお天気が雲がかっていて、場所によっては雨も降ってるトコもあるようで
ちょっと行くのを躊躇したけど、とりあえずは行ってみて決めようとなり、
予定通り、八ヶ岳エコーライン経由で走る。
・・・・・が途中で先導の自分が道を間違えたので、
長野方面から参加してくれているメンバーさんが、地元で道に詳しいので
先導を代わってくれて、なおかつ、お昼ゴハンのおススメのお店も紹介してくれることに。

蓼科湖まで行き、湖畔にあるお蕎麦屋さん、カフェで昼食などを取る。
(どちらもメンバーさんの友人が働いてるお店)
お蕎麦も、コーヒーもとても美味しいお店で、また近くに来たら寄りたいお店でした。
e0003097_7543581.jpg

e0003097_755235.jpg

お店に入ったトコロで、ちょうど雨が降り出してきて、
「濡れる前に入れてタイミング良かったね~」と。
そして食事が終わる頃には雨も上がり、これまたタイミング良し(^^)

まだ天気は気になるトコロだけど、とりあえず予定の霧ヶ峰高原に向かう。

心配はよそに、霧ヶ峰高原に到着したら、雲も晴れてきてイイ天気に♪
e0003097_758597.jpg

霧ヶ峰高原の駐車場から、少し上がったトコロにある
「ころぼっくるひゅって」というお店へ。
e0003097_804147.jpg

e0003097_814169.jpg

ここもメンバーさんの友人がいるお店で、何度か霧ヶ峰に来た事はあったけど
こんなトコにお店があったのは知らなかったので、教えてもらって得した気分(^^)

ここでは、ミルクサワーというのがメニューにあり、気になったので注文。
ミルクとカルピスをミックスしたようなドリンクで、暑い日には美味しい飲み物でした。
e0003097_81221.jpg


そして、このヒュッテの奥にはテラス席があり、そこからの眺めも最高で
ドリンクを飲みながら、まったりと時間を過ごすのもイイです。
e0003097_832212.jpg


お店には看板犬(ボーダーコリー・オス)が居て、
この子、なぜか男の子なのに、男性(特におじさん)好きだそうで
自分や、他のメンバー(男性)には、遊んで!遊んで!とじゃれてくるので
全身抜け毛まみれになり、甘噛みされたりしながら
ちょっと昔の愛犬の事を思い出し(同じように遊んでやったなぁ・・・・・と)
久々に犬と戯れた!と満足(^^)
e0003097_871511.jpg

ちなみに女性が近づくと吠えるので、女性のメンバーさんは近寄らせても貰えなかったです(^^;

今回、参加者のカメラを並べて集合写真を。
みんなニコンユーザーで、機種もそれぞれ(^^)
e0003097_813552.jpg


駐車場で少し、みんなの愛車の撮影。
e0003097_88409.jpg

e0003097_885770.jpg

e0003097_89847.jpg

e0003097_892117.jpg

この時点で午後4時過ぎ。
今日はこれで解散というコトになり、長野方面のメンバーさんは白樺湖付近で道を分かれ、
自分達、関東組は、高速道路の方が天気悪そうなので、
峠道を抜けて関東に戻ろうというコトになり、麦草峠~ぶどう峠~土坂峠と
峠三昧、クネクネしまくりながら走る。(▼写真はぶどう峠頂上)
e0003097_8121410.jpg

e0003097_8123175.jpg

夜8時、小鹿野のコンビニで関東組も解散となり、
自分は同じ方向に帰るメンバーさん1名と、正丸峠から途中まで一緒に走り、
川越ICから関越道で練馬まで。
そこから下道で無事に帰宅。

本日の走行距離:491.6km


今回も朝から内容の濃い、充実したカメツーになり
無事に終わったことで、安心と満足した日になりました。
[PR]
by tsmd | 2016-07-30 23:59 | バイク・車

カメツー山梨・長野(下見編)

7月末に、カメラ好きのライダー仲間と撮影ツーリング(カメツー)に行く予定を立てたので、
その下見に行ってきました。

行く予定地は、明野のひまわり畑(山梨県北杜市)、井戸尻遺跡(長野県諏訪郡富士見町)、
霧ヶ峰高原(長野県諏訪市)、高ボッチ高原(長野県塩尻市)。

朝3時に自宅を出発。
環七→永福ICから高速に上がり、中央道・双葉SAまでノンストップで走る。
前日まであまりイイ天気じゃなかったけど、今日は山の方は、黒い雲もかかってるけど、
平地部は晴れてくれていて、一日大丈夫そうだ(^^)
e0003097_2255133.jpg

双葉SAで、高速に乗る前に買っておいた朝ゴハン(おにぎり)を食べ、
何気なくお土産コーナーを覗きに行ったら、美味しそうなモノを発見。
「信玄餅クレープ」(☆o☆)
e0003097_2274361.jpg

きな粉好きとしては、ちょっと見逃せなそうなスイーツだw
でも、朝から甘いのを食べて、血糖値を上げてもなぁ・・・・・・・・・
と、心の中では思いつつも、行動はその反対にお買い上げ。
e0003097_2291632.jpg

e0003097_2293215.jpg

e0003097_2294485.jpg

ホイップクリームときな粉&蜜の味は、朝から幸せモードにしてくれます(^^;

お腹も満タンになったので、バイクも給油して満タンにして、双葉SAを出発。

すぐ次のインターの韮崎ICで高速を降り、ここからは下道です。
明野のひまわり畑まですぐに到着。
見頃は7月下旬からなので、当然、ひまわりは姿形もないです。
e0003097_22114059.jpg

e0003097_22115153.jpg

去年の7月にも、バイク乗りの友人と撮影に来た場所だけど、
その時は友人の先導でついていくだけだったので、今回は自分自身にルートを叩きこむのが目的。
ルート確認ができたので、すぐに次の場所に向かうべく出発。

須玉IC近くの道を通り抜け、K17経由で井戸尻遺跡へ。
朝早い時間なのもあってか、道中はほとんどクルマの数も少なくて快適(^^)
40~50分程度で井戸尻遺跡に到着。
e0003097_22192261.jpg

e0003097_22193442.jpg

e0003097_22194465.jpg

ここは、カメツーに行く参加予定の友人から教えてもらったスポットで、
竪穴式住居が復元されている場所。
緩い斜面になっている場所に遺跡があるので、見晴らしがとてもイイです(^^)
じっくり撮影するのは、本チャンの時にとっておき、この日はスグに次の場所へ。

K17から八ヶ岳エコーラインへ。
個人的に一度走ってみたかったエコーライン。
ほとんど走ってるクルマもいなくて、貸し切りに近い状態で白樺湖方面へ。

山に近づくにつれて、雲に包まれて、ビーナスラインで霧ヶ峰高原に着く頃には
視界も悪く、気温もどんどん下がってくる。
完全に夏装備のジャケットで来たので、寒い~(><)
霧ヶ峰高原に着いたけど、霧でほとんど見えず、寒いので止まらずにスルー。
ここではニッコウキスゲを撮る予定だけど、まだあまり咲いてなかったかな?
(霧のおかげであまり見えなかった)

霧の駅から、和田峠経由で岡谷市方面へ。
岡谷市内に入ると、気温も上がり、雲の晴れて、ようやく落ち着いて走れる(^^;

R20で岡谷ICの横を通り過ぎ、高ボッチ高原へ。
高原への道がかなり分かりづらいけど、前日までにグーグルストリートビューで予習したおかげで
迷わないで高原の上まで上がっていけました。

高原の駐車場に到着すると、またもや霧(雲)がかかり、視界が50mちょいしか無い状態に。
「こりゃ今日はダメかな?」と諦めて、帰ろうとした所で一瞬晴れてきたので
もうちょっと見晴らしがイイ場所まで移動して、晴れた一瞬を狙って撮影開始。
e0003097_22291067.jpg

e0003097_22322416.jpg

e0003097_2232395.jpg

わずか数分で、また雲がかかって視界が悪くなるけど、
ちょっと待っていればまた晴れそうなので、場所をちょっと移動しながら
いい眺めが撮れる場所を探し歩く。

大きな駐車場がある場所に行くと、結構な数のお客さん。
今日は18-55mm、望遠(55-300mm)、単焦点(50mm)の3本のレンズを持ってきたので
いろいろ交換して試しながら、晴れた時を狙って撮りまくりました。
e0003097_2236672.jpg

e0003097_22362756.jpg

e0003097_22365445.jpg

ある程度、撮影出来たので、今回のルート下見は終了。

高ボッチ高原を降り、次は下見とは関係なしに、ちょっと行ってみたい場所へ。
岡谷ICから高速に乗り、小淵沢ICで降り、そこからR20経由で
「金精軒」という、和菓子や信玄餅の老舗へ。
e0003097_2239872.jpg

このお店で、期間限定・土日にしか売っていない「水信玄餅」が食べてみたいなぁと
前から思っていて、イイ機会なので来てみたが、
大人気商品というコトもあって、11時にはすでに売り切れになったそうな(T T)
(自分が到着した時は、12時ちょい前)
e0003097_2241632.jpg

お店の前にいた警備員さんに聞けば、一番乗りの人は朝5時から並んでいたそうな。
次回リベンジする時は、朝イチで来ないとダメそうだな(^^;;;;

このまま何も買わずに帰るのもつまらないので、「極上・生信玄餅」というのを購入。
e0003097_22425517.jpg

家に帰ってから食べたけど、いつも買う小さい信玄餅と違って
程よい大きさで口の中に頬張れて、モチモチな食感の餅、
病院でもらう飲み薬のような袋には、別添えのきな粉がお餅の個数分入り、蜜も入り、
まぜまぜして食べると、とても美味しかったですよ♪

この後は、長坂ICまで下道を走り、長坂IC→双葉SA(休憩)→石川PA(休憩)をしつつ、
自宅へは14時頃に帰宅。

本日の走行距離:517.8km


来月の本チャンには晴れて欲しいねぇ。
[PR]
by tsmd | 2016-06-26 23:59 | バイク・車

東日本ミーティング2016(長野)

6月4日(土)~5日(日)の2日間にかけて、いつも参加している
某SNSのバイク乗りの集まりで開催した、お泊りツーリングイベントに参加してきました。

1日目は、中央道・八ヶ岳PAから長野県の伊那市郊外にあるキャンプ場まで。
2日目は、キャンプ場からビーナスライン、麦草峠、十石峠を抜けて
道の駅「上野」までを走るツーリングプラン。
(ちょっと前に下見に出たのは、この日のため)

1日目(6/4)
自宅を3時過ぎに出発。
首都高に乗る前に給油し、首都高C2~中央道へ走り、
いつもなら、ちょいちょい休憩を入れるとこだけど、この日は一気に
双葉SAまで走り抜け、そこで給油と朝ゴハンをして、
集合場所になっている八ヶ岳PAには、朝6時前には到着。
e0003097_2250165.jpg

集合時間は朝9時の設定なので、まだみんなが来るまでには3時間もある
毎度の余裕の一番乗り(^^;

景色を撮影したり、持ってきていた漫画で時間つぶし。
e0003097_2252632.jpg

e0003097_2253154.jpg

ちなみに、今回の主催者Aさんは、他の参加メンバーさんが急きょ企画した
朝練(今回のイベントルートの途中までは、下道経由で峠道を走り&楽しむ企画)に参加するとの事で
当初の予定の半分の人数(他の半分は、朝練組に参加)が八ヶ岳PAに来るので
自分はそのグループを先導し、茅野市内のコンビニで朝練組と合流する手はずに。
今までに無い、2ヵ所からのスタートという試みw

八ヶ岳PAでは、集合時間の9時までには参加メンバーさん達も無事に揃い、
簡単に自己紹介をしてから、まずは中央道・諏訪ICまで出発。
e0003097_23034.jpg

参加者みんなの愛車は、小排気量から大排気量までバラバラなので
諏訪ICまでは隊列を組まずに、各自のペースでフリー走行に。

諏訪ICの料金所を出たところで、再度終結し、
そこから10分ちょいのコンビニまでは、千鳥走行で向かう。

e0003097_2311127.jpg

先に八ヶ岳PA出発組が到着したので、朝練組の到着を待ちながら小休止。
スマホアプリの「ココイル」というのを参加者の大半が使用してたので、
朝練組の動きもアプリを通じて、大体の位置が把握出来てたおかげで
待つ事にやきもきする事もなく、ノンビリ待つ態勢。(便利ですわ)

待つ事10分ちょいで、朝練組も無事に到着し、全員(14名)合流完了。
e0003097_2342028.jpg

みんな揃ったトコロで、再び簡単に自己紹介。
e0003097_235952.jpg

この後は、R152で高遠方面へ。

自分は第2グループ(まったりペースグループ)の先導役なので、
7名を率いて、次の目的地・道の駅「南アルプスむら長谷」へ向かう。
クルマの流れのペースレベルに付いてこれないメンバーさんが1名ほどいたので
途中でその人の到着待ちをしたり、交差点の要所要所で
付いてきているかを確認するために待ちを入れたりしつつ、
第1グループ(がっつり走る系なグループ)に若干遅れつつも無事到着。
e0003097_2311504.jpg

ここでは、関西方面からイベントに参加のメンバーさん1名が合流。
e0003097_2313218.jpg

お会いして初めて「女性」だった事が判明し(イベント開始前までプロフィールページでは
性別の確認が出来なくて、てっきり主催者さんも自分も男性メンバーさんだとばかり思ってた)、
今日泊まるキャンプ場では、男性ばかりがバンガロー3棟に分かれて寝れればOKな予定だったが、
女性1名をその中に混ぜるワケにもいかず、急きょ主催者さんと自分とで協議。
キャンプ場にバンガローの空きがまだあるか確認の電話を入れてみると、
運よく最後の1棟が空いてたので、追加で予約を入れて、何とか女性メンバーさん用に確保完了(^^;
他にも、女性メンバーさん1名がテント泊の予定で参加していたが、
その方もバンガロー泊に切り替え、女性同士で一緒にバンガローを利用してもらう事に。

泊まる事の問題も解決したので、この道の駅でお昼ゴハンにする事になった。
併設されているレストランは、雑穀などを使ったヘルシーメニューのランチが用意されていて
自分はハンバーグランチ(お肉ではなく雑穀で作られたハンバーグ)をオーダー。
e0003097_2322637.jpg

お肉かと思って注文したけど、出てきたら雑穀だったので、イマイチお腹にもヘルシー過ぎて
満腹感が得られない。

食後に、同じく併設されているパン屋があり、そっちではクロワッサンが超人気&有名らしく
(長野在住の友人メンバーさん情報)、追加でお腹を膨らまそう&翌朝の朝食用に買おうと
お店に入ってみるが、ほとんどのパンが売り切れ寸前。
クロワッサンは、大量に作られて用意はされていたけど、
それは午後に買いに来るお客さんの予約分だけなんだとか・・・(T T)
仕方ないので、パン数個とマフィン(これ、意外と美味しかったです)を購入。
店員さんに未練がましく、
「クロワッサンは、もう予約分しか無いんですよね?」(´・ω・`)
と聞いてみたら、お店の奥に戻り、クロワッサンを2コほど持ってきて
「朝8時に焼いた試食用のですけど、良かったらどうぞ」と。
と、いうコトで、タダでゲット出来ました(・∀・)b
いやぁ、言ってみるモンだねぇ。

パンは翌朝の楽しみにとっておき、バイクの方に戻ると
みんな食後のまったりモードで、仮眠をとる人、他のメンバーさん達と談笑する人など
各々の過ごし方をしてる。
e0003097_2333487.jpg

自分は、今回参加したメンバーさんの中で、BMWオーナーのメンバーさんが多いので
一同の愛車を並べてもらい、「BMW祭り」として写真を撮らせてもらいました(^^)
e0003097_23334529.jpg


この日の宿泊予定地のキャンプ場の受け入れ態勢が、まだ整ってないとのコトで
少し長めの休憩をしてから、道の駅を出発。
ここからキャンプ場までのルートは、前回下見で走ってる自分だけが知ってるので
(主催者さんは、前回の下見の時に遅れて合流したので未走行)
自分がキャンプ場までの全体の先導で走る。

キャンプ場には無事に到着し、まずは泊まるバンガローに荷物を下ろし、
伊那市にあるスーパーまで買い出しと、給油をしに行く準備。
そうしてると、関西・東海方面から参加の別のメンバーさん御一行が到着。
こっちのメンバーさん達は、ここに到着前に買い出しを済ませてきたそうなので
夕方からのBBQの準備などを、関東組が買い出しに行ってる間にお願いをして、
自分たちは伊那市街へ。

買い出し、給油も済ませてキャンプ場に戻り、
夕方6時頃からみんなでBBQを開始。
みんなでまた自己紹介をして、お肉や、野菜、
買いだしてきた食材で宴のはじまり(^^)
e0003097_23462991.jpg

夜7時過ぎになってから、この日の最後の合流メンバーさんが地元長野から到着。
全員揃って、8時半(キャンプ場側からお達しのあった時間)頃までBBQを楽しみました。

そのあとは、各々のバンガローの前や、バルコニーで
久々に会うメンバーさんと、お喋りや呑みながら時間を過ごす。
多少、雨がぽつぽつと降りだしてきて、明日の天気が気がかりになるが、
自分はそろそろ眠気も出てきたので、部屋に戻り、10時半過ぎには電池切れ(就寝)。


2日目(6/5)
朝3~4時頃に少し目が覚めると、屋根を叩く雨の音がしてる。
「うぇぇ、結構強く降ってるなぁ。2日目は予定通り走れるんだろうか?」
と心配になりつつも、まだ寝足りなくて、二度寝、三度寝をして
朝7時にようやく起床。

外を見てみると、小雨は降ってるようだけど、止みそうな感じもする。
昨日に買っておいたパンを朝食にして食べ、出発前の準備をし、8時半にみんな集合。
e0003097_23545793.jpg

雨も大分止んでいたので、とりあえず2日目に予定していたルートを進む事になり、
出発前にみんなで記念撮影をする。

キャンプ場で離脱するメンバーさんに見送られ、一行はまず岡谷市を目指して
広域農道、R153、K19を走る。
少し雨には降られるも、ずぶ濡れになるほどでは無く、それでも路面はウェット状態なので
ほどほどのペースで走り、この日、当初の予定には無く、急きょ立ち寄る事にした
岡谷市内のコンビニに寄って、山側の天気を確認する。
e0003097_23593434.jpg

この後は、和田峠からビーナスラインを経由して、道の駅「美ヶ原高原美術館」まで行く予定。
コンビニから見たトコロ、天気も回復傾向だし、この状態なら走れるだろうとなり、
ビーナスライン方面へ出発。

和田峠に入る前に、メンバーさんのひとりの愛車がパンク。
パンク修理キットは、自分を含め数名が持ってたけど、何かあると困るのでここで離脱となり、
泣く泣くお別れ。
和田峠での分岐で、他のメンバーさんが用事があるため、さらに離脱。

美ヶ原高原美術館まで、残ったメンバーさんと共に順調に進み、ここで再び休憩タイム。
e0003097_055895.jpg

e0003097_061679.jpg


休憩後は、美ヶ原高原美術館から霧の駅まで、ビーナスラインを快走。
ここではちょうどお昼どきになったので、みんなで昼食をとることに。
ここで、前日からひとりペースが遅く、みんなのペースについてこれていないメンバーさんが
なかなか到着しない。
(道を説明し、迷うルートでもないので、後追いで自分のペースで走ってもらってたが、
途中で他の道に行ってしまったようで、主催者さんに電話連絡が来てた。)
その人とは、この先のルート上で落ち合う連絡がついたので、とりあえずは一安心。

霧の駅で、関西方面、山梨方面へ帰るメンバーさんが数名ほど離脱。
残るメンバーは、ビーナスライン~白樺湖~麦草峠へと走る中、
地元長野のメンバーさんも麦草峠へ向かう途中で離脱し帰路へ。

最終的には、残った11名で残りのルートを走る。
麦草峠では途中で、先行グループと休憩するはずだったが(特に場所は決めてなかった)、
自分が先行チームの休憩場所を見逃してしまい、逆にルートを先行して走る事に。
麦草峠のふもとのあたりで、メンバーさんの一人が、
「眠いので休憩を」とリクエストが入ったので、ちょうど広い路側帯があったので、みんなで休憩。

SNSの書き込みをチェックすると、やはり先行チームの休憩場所を通り越していたようで、
次の合流地点の指示があったので返信していると、ちょうど先行チームも峠を降りてきて
思いがけなトコロで再開、しばし情報交換。
次の十石峠へ入る前に給油する人はして、あまり休憩してなかった自分たちの第2チームは、
途中のコンビニで小休止してから十石峠へ向かう事にした。

R299の十石峠。
一度通ってみたいと思ってた峠で、走るのは初めて。
最初は広くて、走りやすい道路だったが、山に近づくにつれて、
細い道で、対向車が来たら避けるのもちょっと大変な、噂に違わない酷道(^^;

段違いにペースの遅いメンバーさん約1名を気遣って、ここまでかなり抑えめのペースで走ってきたけど、
それに合わせて一緒に走ってくれた他のメンバーさんも、そろそろ快適なペースで走って
ストレス解消がしたい頃だろうと思い(実際、遅い走行ペースにストレス溜めてたそうですw)
一番後ろでケツ持ち役をしてくれてる友人メンバーさんには悪いけど、
最後の十石峠だけは、ペースを上げ気味で走ることにした。

十石峠の頂上にある駐車場で、先行チームと合流し小休止。
e0003097_029145.jpg

e0003097_0355839.jpg

この時点で17時半。
そろそろゴール地点の道の駅「上野」まで、早く進んでおかないと
帰る時には陽も沈んで暗くなってしまうので、休憩した後は急いで峠を下る。
18時過ぎに、ようやく最終ゴール地点の道の駅「上野」に到着し、
一番遅いメンバーさんと、ケツ持ち役のメンバーさんの到着を待ち
解散のご挨拶をして、一本締めをして、2日間のツーリングイベントは無事終了。
e0003097_03968.jpg

e0003097_0392613.jpg


何人かのメンバーさんは、途中、他の峠越えしながら、ゴハンを食べて帰宅したり、
単独で帰ったりと、帰り道はみんなそれぞれに。

自分は、R299、R462の神流湖畔ルートで、関越道の本庄児玉ICから高速で帰るルートへ。
神流湖あたりで、陽も完全に落ち、真っ暗闇の中を
自分の愛車のライトが頼りな状態で走る。
多少、他のクルマもいたり、対向車も来るけど、あまり数は多くなく、
「この辺りって、心霊スポットとかネットで見たような気が・・・・・・・・・いや、見たこと無い事にしよう」
「自分の後ろに誰か乗ってるとか、イヤだからねっ(怖くてミラーが見れない)」
「あの人のように見える染みは、気のせい、気のせい・・・・・・」
とか考えながら、真っ暗な中をひたすらハイペースで街明かりを目指して走りました(^^;

無事に本庄児玉ICから高速に上がり、高坂SAで晩ごはんを食べて
(前日の雑穀ハンバーグのリベンジで、お肉のハンバーグをいただきました)
そこからはノンストップで練馬IC~環八経由で、22時頃に無事帰宅。

2日間の走行距離:627.4km



翌日、筋肉痛やら、身体のダルさで動く気まったく無し。
仕事、休みにしといて良かったと思いながら、一日充電に費やしましたw
[PR]
by tsmd | 2016-06-07 22:50 | バイク・車

tsmdの気まぐれブログ


by tsmd
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30