LOFTY PEAK

loftypeak.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ご近所をぶらりツー

昼間にちょっと用事を済ませた後に、カメラを持ってぶらり走ってきました。

今日は漠然と「都電荒川線の線路脇あたりでも撮ってみようかな?」と
考えてたので、三ノ輪方面へ走らせながら
写真を撮るのに良いポジションが無いか、のんびり走ってみる。

町屋まで行ったところで、折り返すために
住宅街の超細い路地を抜けていたトコロで
小さな公園があり、そこにネコが3匹ほど居たので
急きょネコ撮影のために停車(^^)
e0003097_17121743.jpg

e0003097_171031100.jpg

e0003097_17112428.jpg

e0003097_17114618.jpg

e0003097_1712210.jpg

公園の入口のベンチに座ってたおじいさんと、
後から公園に来たおばあさん(ご夫婦?)。
特におばあさんの方が来ると、いつも面倒を見てあげているのか
ネコたちが「にゃ~ん」とすり寄っていく。
e0003097_17141053.jpg

自分は、ネコの方が知らない人には少し警戒しているっぽかったので、
ほどほどの距離から写真を撮りながら、ほのぼの風景に癒されてきました(^^;


さて、荒川線の方に行くと、コレといった良いポジションは見つからなかったけど
線路脇に花壇がず~っと置かれている場所があり、
そこでお花越しに荒川線をパチリと撮ってみる。
e0003097_1717810.jpg

e0003097_17172331.jpg

e0003097_17173420.jpg


今日は適当に切り上げて、夕飯の買い出しへ行きつつ帰宅(^^;
[PR]
by tsmd | 2016-05-21 17:10 | バイク・車 | Trackback | Comments(0)

長野へ下見ツーリング

今日は、いつもの某SNSのバイク乗りの集まりで
来月に行われる予定の「東日本ミーティング(1泊2日)」の下見に
主催者のAさんが行くというので、同伴でついていくため
長野方面へ行ってきました。

目的地は、伊那市周辺やビーナスライン。
待ち合わせ場所に、中央道の談合坂SAに朝8時で集合。

毎度のコトながら、渋滞を嫌って朝3時過ぎには家を出発。
今日は行きも帰りも高速を使う気なので、地元の首都高ICから
中央道へ乗り、まだ暗い中を談合坂SAまで、スイスイと向かい
朝4時過ぎには到着。
e0003097_2293754.jpg

日中は暑くなってきた最近だけど、まだ山の方は寒いかな?と思った通り、
相模原付近からは、夏用のジャケットではちょっと冷える。
一応、秋冬用ジャケットのインナーパーツを外して、トップケースにしまって持ってきてはいたが、
陽が昇ったら暑くなるだろうし、今だけガマン!と、少し寒いのを我慢して走ってきた。
(予想通り、日中は汗ばむ陽気になった)

さて、待ち合わせの時間までは、まだまだ先(^^;
SAの中で朝ゴハンでものんびり食べようと入る。
いろいろなお店の、いろんなメニューがある中、どれも美味しそうで迷う。
迷うといつも、無難な、でも大好きなカレーを選択してしまうw
・・・・で頼んだのは、やっぱりカツカレー。
e0003097_22151645.jpg

「朝からヘビーだよなぁ」と思いつつ食べてみると、
キーマカレーのように、具材がいろいろ細かく入っていて複雑な美味しさ。
カツも厚めだけど、もたれるようなしつこさも無くて、
結局キチンと完食しちゃいました。

食後は、のんびり一服でもしようかと、喫煙所に向かうと
バイク置き場で、同じSNSのバイク乗りの集まりで何度かお会いしたコトのあるSさんと偶然に会う。
お互いに「何故ココに?」という吹き出しセリフでも付けたら、場に似合いそうな感じな表情だったかもw
Sさんは、友人と長野方面へツーリングに行く途中だそうで、
自分はAさんと下見ツーに行くのは、共通のSNSでのやり取りで知っていたようで、
自分の相変わらずの早すぎる一番乗りっぷりに笑ってましたw
(Sさんは、その後ほどなくしてツーリングへ出発)

時間はまだまだ、余りある余裕。
SAに併設されているドッグランで、ワンコの撮影したり。
e0003097_2224457.jpg

適当に時間をつぶしていると、待ち合わせ時間にも近くなり、
そうこうしてるウチに、この日、一緒に下見ツーに向かう友人Nさん、Eさんも集まってきた。

・・・・が、肝心の主催のAさんが来る気配が無い(^^;

待ち合わせ時間のちょっと前に、電話の着信。
Aさんからで、ちょっと遅れるので、先に出発してて欲しいとのコト。

というコトで、Nさん、Eさん、自分の3人で先行出発。
ルートはNさんがナビに抑えてるので安心。
まずは、ミーティング本番当日の集合予定地点になっている
八ヶ岳PAまで各々フリーで走る。

八ヶ岳PAでちょっと休憩を入れた後は、高速を降りる予定ICの諏訪ICで降り、
下道でR152経由、高遠方面へ。
適度なクネクネもあり、田舎の田園風景という感じの
のんびりしたトコロを気持ちよく走り、休憩予定地点の
道の駅「南アルプスむら長谷」へ。
e0003097_22314341.jpg

小休止しつつ、Aさんの現在地をスマホのアプリでチェック。
(事前に、お互いの現在地を確認できるアプリで登録しといた)
まだ家のあたりから動いてない様子(アプリの更新状況で差異が出る)なので、
とりあえず、先へのルートを走りながら、当日の昼食や給油できそうなGSをチェックしながら
ミーティングの時の宿泊予定地のキャンプ場を目指す。

伊那市街を抜けて、山の方にあるキャンプ場に到着。
静かな山の中で、木陰に居れば涼しい風が抜けて、気持ちいい(^^)
e0003097_2301043.jpg

e0003097_2302042.jpg

ざっと見たところで、ちょうど時間はお昼どき。
Aさんもこっちに向かってはいるけど、まだ時間はかかりそう。
先にお昼ゴハンを食べていれば時間的にもちょうど合いそうだったので、
すぐに合流出来そうなキャンプ場近くの、1軒だけあったお蕎麦屋さんに入ることに。
e0003097_2325424.jpg

軒先に廊下があって、お店の中は畳の、イイ感じの佇まい。
お庭からの眺めも良く、空いている窓からは涼しい風が流れてくる。
このお店のメニューは十割そば。
自分は田舎そばを注文。
e0003097_2345050.jpg

e0003097_23542.jpg

久々の十割そば。
コシがあって、蕎麦だけで食べても美味しい。
つゆも、お蕎麦に負けない良い味で、お値段は少々高いけど
それに見合う美味しさだったので満足(^^)

食事が終わる頃に、Aさんから電話が。
キャンプ場の方に到着したようだけど、電話が電波状況が悪く話せなかったので
自分がキャンプ場までお出迎えと、お蕎麦屋さんまでの先導焼に行く。
お蕎麦屋さんで、4人全員が揃って、Aさんも遅れて昼食タイム。

食事も済んだ後は、さっきのキャンプ場に戻り、もう少しだけ施設の確認。
ここには釣り堀も併設されていて、来ていた家族連れは
釣った魚をその場で焼いて食べてました。
e0003097_2395169.jpg

e0003097_2310370.jpg

e0003097_23101397.jpg

e0003097_23102462.jpg

釣り好きな人には、当日、ここで楽しみつつ、
晩ごはんのおかずもゲット出来るかも?


キャンプ場を出た後は、、K19→K14→岡谷市街を抜け、R142→ビーナスラインへ。
市街地あたりでは、気温が30℃の表示が出てたけど、
ビーナスラインに来ると、ひんやり冷たい空気に変わり、走っていて気持ちいい。
おまけに車の数も、あまり居なかったので、ルートはほぼ快走状態。

道の駅「美ヶ原高原美術館」で休憩とトイレしつつ、4人でお喋りタイム。
ミーティングの当日(2日目)は、この後も走るコースは続くけど
今日の下見はここまでとなり終了。
帰路につくべく、夕方5時の鐘が鳴るのと同時に出発し、
まずは下道で中央道の小淵沢ICを目指して、ビーナスライン~大門峠を経由して走る。

中央道に乗ってからは、双葉SAで休憩。
お昼に食べたお蕎麦は美味しかったけど、少々量が少なめだったので
みんなお腹がすいてきたので、一緒にSAのレストランで晩ごはんをしつつ談笑。
お喋りの楽しくて、なかなか終われなかったけど、
10時ちょっと前に解散となり、それぞれ帰宅へ。

いつも中央道は、帰りに混んでウンザリする事が多かったけど
ここ数日は空いてるようで、この日は結局家に着くまで中央道も首都高も渋滞は全然無く、
途中、給油やトイレに立ち寄った以外は、すんなり走れて0時頃に無事帰宅。



本日の走行距離:586.2km

久々に500キロの大台に乗ったが、走った疲れはあまり無く、
楽しかった方が気持ち的にデカく、気持ちのいい一日でした。
(でも、家に着いてスグに電池切れ。翌日昼まで爆睡でした)
[PR]
by tsmd | 2016-05-14 23:59 | バイク・車 | Trackback | Comments(0)

tsmdの気まぐれブログ


by tsmd
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31