LOFTY PEAK

loftypeak.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

カメツー山梨・長野編

先月に下見をした、カメツー(山梨・長野)。
いよいよ本番の日に。

数日前の天気予報では、降水確率も高かったけど
当日の現地の天気は20%以下になってくれたので、開催することに。

今回参加してくれる方々は3名。
みんなバイク仲間で、カメラ撮影が好きな友人。

まずは中央道・双葉SAに、朝7時半までに関東方面から参加のメンバーが集まり、
中央道・韮崎IC近くのコンビニには、朝8時に長野方面から来るメンバーさんが集合の予定。
集合場所には、みんな時間通りに集まってくれて、
ほぼ時間通りに行動開始。
e0003097_7385835.jpg

e0003097_739877.jpg

まずは明野のひまわり畑(山梨県北杜市)へ。
去年、今回も参加している友人に初めて連れていってもらって、
見事なひまわり畑に感動したので、夏の撮影にはココはイイ場所だろう
というコトも考えて、まずはここにしてみた。
e0003097_7381818.jpg

去年はすでに満開状態だったけど、今年は8月になってからの方が
見頃のようで、咲いているのは一角の品種だけ。
それでも、その一角はぎっしり咲いているので、撮影には困らない(^^;
30分ほど自由時間にして、みんなそれぞれに撮影開始。
e0003097_7404946.jpg

e0003097_741412.jpg

e0003097_7411810.jpg

e0003097_7413080.jpg

e0003097_7414496.jpg

撮影してると、あっという間に時間も過ぎ、他のみんなも十分に撮れたよう。
会場には出店が出ているので、そこで冷たいドリンクを買い、
涼しいトコロでノンビリおしゃべりしながら、カメラのお話しなど。

休憩した後、次の撮影場所へ移動。
バイクだと、スグに移動できたり、途中で止まって急に撮影したり・・・というのが気軽に出来るので
カメツー(カメラ・ライダーツーリング)は面白い。

次の場所は、井戸尻遺跡という場所。
e0003097_7465955.jpg

e0003097_7471163.jpg

e0003097_7472352.jpg

なだらかな斜面のトコロに、竪穴式住居が復元されてあったり、
遺跡の近くには、古代蓮というのが点在していて、地元の知ってる人には有名だとか。
e0003097_7474453.jpg

e0003097_7475950.jpg

e0003097_7481148.jpg

e0003097_7482958.jpg

e0003097_7483931.jpg

e0003097_7485435.jpg

e0003097_749726.jpg

今回参加してくれている、長野方面からのメンバーさんからの情報提供で
古代蓮の事も知り、そのおかげで、みんな撮影熱がさらにヒートアップ(^^;
当初、30分程度の撮影時間を予定してたけど、延長要請が来るほど。
おかげで、みんな集中して楽しく撮影ができたようで良かった。


撮影が終わり、ちょうどお昼どき。
この後は、霧ヶ峰高原の方に行く予定にしていたが、
山の方のお天気が雲がかっていて、場所によっては雨も降ってるトコもあるようで
ちょっと行くのを躊躇したけど、とりあえずは行ってみて決めようとなり、
予定通り、八ヶ岳エコーライン経由で走る。
・・・・・が途中で先導の自分が道を間違えたので、
長野方面から参加してくれているメンバーさんが、地元で道に詳しいので
先導を代わってくれて、なおかつ、お昼ゴハンのおススメのお店も紹介してくれることに。

蓼科湖まで行き、湖畔にあるお蕎麦屋さん、カフェで昼食などを取る。
(どちらもメンバーさんの友人が働いてるお店)
お蕎麦も、コーヒーもとても美味しいお店で、また近くに来たら寄りたいお店でした。
e0003097_7543581.jpg

e0003097_755235.jpg

お店に入ったトコロで、ちょうど雨が降り出してきて、
「濡れる前に入れてタイミング良かったね~」と。
そして食事が終わる頃には雨も上がり、これまたタイミング良し(^^)

まだ天気は気になるトコロだけど、とりあえず予定の霧ヶ峰高原に向かう。

心配はよそに、霧ヶ峰高原に到着したら、雲も晴れてきてイイ天気に♪
e0003097_758597.jpg

霧ヶ峰高原の駐車場から、少し上がったトコロにある
「ころぼっくるひゅって」というお店へ。
e0003097_804147.jpg

e0003097_814169.jpg

ここもメンバーさんの友人がいるお店で、何度か霧ヶ峰に来た事はあったけど
こんなトコにお店があったのは知らなかったので、教えてもらって得した気分(^^)

ここでは、ミルクサワーというのがメニューにあり、気になったので注文。
ミルクとカルピスをミックスしたようなドリンクで、暑い日には美味しい飲み物でした。
e0003097_81221.jpg


そして、このヒュッテの奥にはテラス席があり、そこからの眺めも最高で
ドリンクを飲みながら、まったりと時間を過ごすのもイイです。
e0003097_832212.jpg


お店には看板犬(ボーダーコリー・オス)が居て、
この子、なぜか男の子なのに、男性(特におじさん)好きだそうで
自分や、他のメンバー(男性)には、遊んで!遊んで!とじゃれてくるので
全身抜け毛まみれになり、甘噛みされたりしながら
ちょっと昔の愛犬の事を思い出し(同じように遊んでやったなぁ・・・・・と)
久々に犬と戯れた!と満足(^^)
e0003097_871511.jpg

ちなみに女性が近づくと吠えるので、女性のメンバーさんは近寄らせても貰えなかったです(^^;

今回、参加者のカメラを並べて集合写真を。
みんなニコンユーザーで、機種もそれぞれ(^^)
e0003097_813552.jpg


駐車場で少し、みんなの愛車の撮影。
e0003097_88409.jpg

e0003097_885770.jpg

e0003097_89847.jpg

e0003097_892117.jpg

この時点で午後4時過ぎ。
今日はこれで解散というコトになり、長野方面のメンバーさんは白樺湖付近で道を分かれ、
自分達、関東組は、高速道路の方が天気悪そうなので、
峠道を抜けて関東に戻ろうというコトになり、麦草峠~ぶどう峠~土坂峠と
峠三昧、クネクネしまくりながら走る。(▼写真はぶどう峠頂上)
e0003097_8121410.jpg

e0003097_8123175.jpg

夜8時、小鹿野のコンビニで関東組も解散となり、
自分は同じ方向に帰るメンバーさん1名と、正丸峠から途中まで一緒に走り、
川越ICから関越道で練馬まで。
そこから下道で無事に帰宅。

本日の走行距離:491.6km


今回も朝から内容の濃い、充実したカメツーになり
無事に終わったことで、安心と満足した日になりました。
[PR]
by tsmd | 2016-07-30 23:59 | バイク・車

筑波サーキット初走行

今日(18日・祝)に行われた「筑波プライダース・ファミリー・フェスタ」という
プライダース(バイク屋さんのグループ)主催のイベントに参加してみました。

バイク乗りの友人からのお誘いで、約1ヵ月前にウチの近所にある
プライダースのグループ店に参加を申し込んで、
ようやく今日、参加になりました。

いつもより大分早い、朝1時半に起床。
3時には自宅を出発し、まずは常磐道・守谷SAで友人達と朝5時に待ち合わせなので
環七→加平ICから高速に上がり、守谷SAには4時ちょっと前には到着。
待ち合わせ時間よりも大分早くに到着するのは毎度の事なので、
新しくなった守谷SAの中で涼みながら、友人の到着を待つ。
e0003097_20153789.jpg

e0003097_20124596.jpg

待ち合わせの5時までには、同じくイベントに参加する友人達も到着し出発。
すぐの谷和原ICで高速を降り、ガラガラの下道で筑波サーキットに向かう。

5時半頃にはサーキットに到着。
すでにトランポにバイクを積んで参加してきた人など、数台が並んでいて
朝6時のゲートオープンを待っている。

6時のゲートオープンとともに、サーキット内へ。
パドックは早いもの順なので(プライダースの各店舗毎に割り当てられてはいるけど)、
自走してくる自分達には、早めに到着して、パドックの場所をキープしとくのも早出の理由。
自分は友人の申し込んだ店舗がキープしているパドックに、友人達と一緒に入れさせてもらう。
e0003097_2013144.jpg

e0003097_20132787.jpg

e0003097_20134540.jpg

友人達は、到着後に早速、持って来た養生テープで、自分のバイクの灯火類に
手際良くテープを貼り、準備をしていく。
自分は申し込んだお店の人を探して、到着した事を知らせに行くと、
すぐに今日自分が付けるゼッケンを受け取り、簡単な説明や
イベント内で行われているサービスなど説明を受け、
養生テープを借りたので、自分のバイクにもテープを貼っていく。
e0003097_20141149.jpg

テープ貼りを完了すると、係りの人がチェックをしてくれるので
OKだと小さな車検シール(確認した証)をゼッケンのトコロに貼ってくれる。

そうこうしてると、朝7時から行われるブリーフィングが始まるとのアナウンス。
パドックの2階にあるブリーフィングルームに、参加者全員が集まり、
イベントの説明や、各コーナーのマーシャルが降る旗の意味などの説明を受け、
ブリーフィングに参加した証のシールを各自もらう。
コレを自分のバイクに貼ると、さっきの車検シールと併せて
この日のイベントで走行出来る車両としてOKになる仕組み。
e0003097_20143123.jpg


e0003097_20151986.jpg

イベントは、初級・中級・上級といくつかのクラスが用意されていて、
早速、走行タイムが始まる。
自分が参加する「体験ツーリング」クラスは、12時半過ぎからと、13時半過ぎからの2回。
それまでは全くのフリーな時間なので、持って来た一眼レフを取り出し、
友人が走るシーンを撮るべく、撮影に良さそうな場所を探して、サーキット内のあちこちを探索。
e0003097_20155817.jpg

e0003097_2016124.jpg

e0003097_2016286.jpg

筑波サーキットといえば、20数年前は全日本ロードレース選手権を毎年観戦しに来てた場所なので、
個人的には懐かしい場所です。
施設自体も昔のままなのかな。(昔とあまり変わった感じには見えなかったけど)
バックストレート裏の方に新しいコースが出来たくらいで、経年の古さが感じられた。

撮影は、第一ヘアピンのトコロに、友人が教えてくれた良い撮影ポイントがあるので
そこでカメラを構えて、他のライダーが走る姿で流し撮りの練習を重ねて、
友人が参加するクラスが始まるまでに、準備を整えておく(^^)

今回は自分の持つ3本のレンズ全部持って来たけど、結局全部、55-300mmの望遠レンズで撮影。
手ブレや、流し時のブレなどで、あまり上手くは撮れないけど、
その中でもまあそこそこなのは撮れてたので、今後もまだまだ練習しないとねぇw
e0003097_2018521.jpg

e0003097_20184428.jpg

e0003097_20185849.jpg

e0003097_20192882.jpg

e0003097_20195692.jpg

e0003097_2020849.jpg

他にも、パドック上から1コーナー、グランドスタンド前のストレート、
最終コーナーの立ち上がり、ダンロップブリッジ付近の切り返しコーナー
(昔はCXコーナーとか言ってたけど、今は違う呼び方になったんだよね?)
1ヘアピン裏から最終コーナーを・・・・と、いろいろと場所を変え、
構図なども変えてみたりしながら、一日撮影も楽しみました(^^)



撮影を終えてパドックに戻ってくると、だんだん晴れ間も広がり、
気温も上昇して暑さがスゴクなってくる。
(数日前の降水確率が高い予報が、ウソのような天気)
数日前も倒れかけたばかりなので、こまめに水分補給をする。
イベント主催者側からも、サービスでミネラルウォーターや、
きゅうりの浅漬け(1本丸ごと)、お焼き(高菜入り)が無料サービスで配っていて、
朝早過ぎる時間帯に、軽くパンを食べて出て来ただけで
お昼までにお腹が持ちそうになかったので、きゅうりとお焼きでお腹を繋ぎ、
ミネラルウォーターや、自販機のドリンク等で水分補給しまくる。
e0003097_2020553.jpg

朝が早いと、午前中が長く感じるw
10時頃になると、友人が参加するクラスの走行も無く時間が空いたりしたので、
ブリーフィングの時に使用した部屋が、冷房を効かせた状態で開放してるので
しばしそこで涼みながら、朝早かった分、少し眠気もしてきたのでウトウト仮眠を。

12時が近くなると、自分が参加する「体験ツーリング」クラスの走行も始まるので
またパドックの方へ降りていき、ちょっとそわそわ(^^;;;

「体験ツーリング」クラスは、先導車がスタートからゴールまで付き、
その後ろに付いてノンビリ走るクラス。(街中で走るくらいのスピード)
乗る人間の装備も、他のクラスでは皮ツナギ等レースに出るのと同じ装備が必要だけど
このクラスはその辺のルールが緩く、バイクに乗る標準的な格好ならOKという
お気軽に参加出来るのがいいトコロ。

自分は、皮ツナギも、レーシングブーツも、レースOKのメットも今は持ってないが、
唯一、ちょっと前まで使ってたクシタニ製のレーシンググローブ(穴空いてるけどw)が
まだ捨てずにあったので、それを持参してきて、この時だけ付けて走ってみる。

開始10分前にアナウンスで、ピットレーンに集合がかかり
行ってみたら自分が一番前w
結局、そのままの順番で、1回目の体験走行は先導車のスグ後ろに付いた状態で走る。

少し緊張してコースインしてみると、想像してたよりもコース幅が広い印象。
(でもスピードを上げて行くと、狭く感じるんだろうなぁ・・・と)
各コーナーでコーナーの内側に向かってカント(傾斜)がかかっているので、
コーナーがとても走りやすい(と感じた)。
e0003097_20214110.jpg

e0003097_2021562.jpg

e0003097_20222381.jpg

(写真撮影&提供:友人Pさん)
1周終わる頃には、「もうちょいペース上げて欲しいなぁw」と、少し余裕が。
先導車の人もそれが分かるのか、1周目よりも2周目はややペースが上がり、
各コーナーがまた更に楽しくなってくる。
でも走りながら、目線の重要さが改めて感じて分かるくらい、
自分が見てる先にバイクが寄って行くのが実感出来た。

何周かしていると、グランドスタンドではチェッカーフラッグが振られていて終了のお時間。
「こりゃ、体験クラスじゃスグに満足出来ずに、他のクラスに参加したくなるのが分かるw」
と思うくらい、楽しい時間があっという間に過ぎちゃいました。


1時間ほど、イベントレースや、参加者全員での記念撮影などを挟み、
またスグに「体験ツーリング」クラスの2本目が始まるので、準備準備。

2本目も先導車のすぐ後ろ(でも、今回は第二グループ。1グループ5〜6台でまとまって走る。)
1本目の時の先導してくれた人とは違う人だったので、微妙に走るラインが違うので
それに付いていってみるだけで、また楽しい(^^)
レース観戦では何度も観てたり、ゲームの中では何度も走ったりしたトコロでも
自分で実際に走ると印象が全然違って、走るたびに面白かったです。



自分が走るのはこれで終了。
パドックに戻り、養生テープをはがして、街中を走る通常モードに戻す。
後は、友人達がまだ走るので、自分はまだ行ってない場所から
友人達の走行シーンを撮るべく、あちこち歩き回って、撮影撮影。
e0003097_2024790.jpg

e0003097_20262864.jpg

e0003097_20245394.jpg

e0003097_20252211.jpg

15時過ぎには、友人達の参加するクラスの走行も終了し、撤収準備を開始。

筑波サーキットを出て、帰りは圏央道経由で帰る事に。
圏央道・境古河ICの入口で、友人達をお別れし、それぞれ帰路に。
自分は東北道、首都高経由で、大した渋滞に巻き込まれる事もなく
17時半頃には帰宅。


サーキット初体験、撮影もしこたま撮りまくって1500枚以上。
暑かったけど、楽しい充実した一日でした。
[PR]
by tsmd | 2016-07-18 23:59 | イベント

tsmdの気まぐれブログ


by tsmd
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31