LOFTY PEAK

loftypeak.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

SSTR(サンライズ・サンセット・ツーリング・ラリー)2016に参加してきました

9月17日(土)~18(日)に開催された、「SSTR(サンライズ・サンセット・ツーリング・ラリー)2016」
に参加してきました。
(SSTRの詳細はこちら
今年の4月に参加者募集が開始され、すぐにエントリー♪
待ちに待っての開催で、ちょうどシルバーウィークだし、このイベントに合わせて
夏休みを取って長期キャンプツーリングをしようと画策。

しかし、台風ラッシュのおかげで、SSTRへの参加はしてきたけど、
今回はキャンプツーリングは出来ずになりました。


9月16日(金)
この日は午前中まではお仕事。
立て続けになってる入稿ラッシュを片付けて、後は後輩に任せて
予定よりも少し遅くなったけど14時には退社。

家に帰ってから、翌日からのツーリングの荷物の最終整理。
SSTRに参加するためのゼッケンをバイクに貼ったり、
この前新しく購入したサイドバッグの取り付けテストしたりと準備して、
夕方には就寝。
・・・・でも、早い時間てのもあるが、明日のSSTRの事を考えると
興奮して寝れない・・・・・(^^;;;
遠足前の子供と一緒だわ。



9月17日(土)
日付が変わって午前0時半。
何とか無理やり睡眠を取り、目覚ましで起きる。
早速準備に取り掛かり、かなり多くなっちゃった荷物を積むのに1時間。
(一応、3~4日はキャンプツーが出来る装備)
午前2時には準備も出来たので、大分早いけど自宅を出発。

どこか途中のファミレスで時間を潰そうかと思い、スタート予定地点に行く前に寄り道。
んでも、30分程度しか居れなかったw
なんか、そわそわして落ち着いて時間がつぶせないw

午前3時半頃には、スタート予定地にしている
東京ゲートブリッジが遠くに見れて、東京ヘリポートが近くにある埋立地へ。
近隣にある倉庫街では、朝早くから仕事をしてる人達のトラックが頻繁に出入りしてる。
e0003097_14262531.jpg

夜空を見ると、月に薄雲がかかってる。
e0003097_14283352.jpg

「やっぱ、朝日は拝めないかな・・・・・」と思いつつ、
時間はまだあるので、バッグ類にレインカバーを付けておき、雨対策をしておく。

ヒマなので、一眼レフを取り出し写真を撮ったり、音楽を聴きながら過ごす。
e0003097_14292910.jpg

e0003097_14294297.jpg

e0003097_1430669.jpg

それにしても、積んできた荷物の多さw
もうちょいコンパクトにしないとダメだよなぁ・・・・と反省。
この荷物のおかげで、座る場所があまり無いです(^^;
昔のキャンプツーリングの時もそうだったwww
e0003097_14313855.jpg


時間も経ち、日の出予定時刻までもうちょいになってくると、
同じSSTRに参加する人らしき方達がチラホラ。
自分を含めて5人くらいが居る。

そして日の出時刻(午前5時25分)になり、海(太平洋や日本の東側の海)をバックに
ゼッケンが入ったバイクの写真を日の出を入れて撮る!
というのがSSTRのスタートルール。
e0003097_1434397.jpg

この天気では日の出が拝めないので、仕方ないけど、一応それ以外の条件を入れて写真をパチリ。
そして、それを専用サイトで位置情報、オドメーターの距離を入れて送信。
送信・・・・・・・・・・。
送信・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
「あれ?何かつながらない?」
「電波は良い場所に居るんだけどな?」

ちなみに他のウェブサイトにアクセスするとつながる。

専用サイトのサーバーがダウンしてるのか?
何度トライしてもエラーになる。
「これじゃスタート出来ないじゃん!」
30分くらい試してみたり、緊急連絡先に電話してみるも
2つある電話番号のひとつは電波がつながらないか電源が・・・・・と。
もうひとつの電話番号の方は、通話中のまんま。
そうこうしてると、他の参加者さん達は出発する人も。

サーバーの復旧を待ってたら、いつになるか分からないので、
とりあえずバイクのオドメーターの距離をスマホで撮影しといて、
地図アプリで現在地(スタート地)のスクリーンショットを撮っておき、
スタートすることにした。

「30分も無駄にしたなぁ」とちょっと焦りながら、
一番近くのインターから首都高に乗る。
大井JCT→C2→中央道のルートでまずは長野方面へ。
走ってると、見かけるバイクのほとんどがSSTR参加者のようで
ゼッケンを貼ったバイクがいっぱい。
おまけに首都高渋滞(--;
いつものソロツーなら、首都高が混む前(朝5時まで)に抜けるトコだけど、
今日はスタート時間が遅いからガッツリ混む時間帯に入った。
おまけに三連休の初日だから、尚のこと混み気味。

SSTRのルールで、ゴールまでに最低5回の休憩をする事。
(内、1回は運営側の指定されたチェックポイントを通る事)
なので、まず1ヵ所目の休憩ポイントとして石川PAへ。
e0003097_14434969.jpg

本来ならば、専用サイト経由で、休憩地の位置とオドメーターの距離を送信する事になってるが
相変わらずサイトはダウン状態で繋がらないので、あらかじめ貰っている
スタンプブックにPA・SA、道の駅のスタンプを押し、休憩の証としておく。
(他の参加者さん達も同じくそうしてた)
ここで、いつも参加してる某SNSのバイク乗りの集まりで会う友人と偶然遭遇。
これから雨が降り出す前に走りに行くトコロなんだとか(^^;

石川PAを出発し、談合坂SAに寄ろうかと思ったが、
たぶんSSTR参加者でスゴイ数になって混んでるかな?と思い、
小さめのPAの方がイイかと、次に立ち寄ったのが初狩PA。
e0003097_14484372.jpg

やっぱりココもバイク多しw
スタンプを押し、一服してからスタート。

そろそろちょっと眠気が出てき始めたので、予定してなかったが
次の釈迦堂PAでも休憩を入れる。
休憩ポイントを今のうち増やしておけば、後々楽になるだろうから・・・・と
ここでも忘れずスタンプゲット。

そして、双葉SAにも立ち寄り、4つめのスタンプゲットとバイクへの給油をしに行く。
e0003097_1452062.jpg

e0003097_14521410.jpg

それにしても、参加者の愛車を見るのも面白い。
レプリカ、オフローダー、スクーター、サイドカーなどなど。
自分の隣に止まってたバイクも、年季の入ったバイクだけど
スゴク綺麗に整備されているようで、つい写真を撮っちゃいました(^^;
e0003097_14532693.jpg


双葉SAを出て、次は諏訪湖SAあたりで休憩しようかと思ってたが、
やっぱり眠気がきて、急きょ、原PAに立ち寄り。
スタンプゲットして、専用サイトの状況を確かめると
ようやく繋がるようになったみたいで、ここで初めて専用サイトで
休憩の位置と距離の送信。
他の参加者さんからも「ようやく繋がるようになったみたいですね」と
お互いに笑いながら情報交換。

SSTRのゼッケン付けたバイクのライダー同士、より気軽に話しかける&話しかけられる事が多くて、
ソロで走っていても、寂しいというコトもなく、こういうトコロがバイク乗りの良いトコロでもあり
連帯感みたいなのがあって楽しいところです。

原PAで休憩を取って、スタンプも5つ。
後は運営が指定する各都道府県にひとつあるチェックポイントの道の駅を行くだけだ。
このまま中央道~岡谷JCT~長野道・松本ICで高速を降り、ここからは下道ルート。
同じルートを走るSSTR参加者も多く、なんだかマスツーしてる気分。

R158を奥飛騨、高山方面へ。
途中のGSで給油して、さらに見つけたコンビニでお昼ゴハンでも済まそうかと立ち寄り。
どこかのお店でゆっくりゴハンでも・・・・・・とも、当初は考えてたけど
予定よりも30分遅れでスタートし、自分が想定してた時間よりも
スケジュールが遅れ気味なので、コンビニで手軽に手早く済ませられるモノでイイかと
おにぎりを買って食べようかと思ったら、
ここでもやっぱり?某SNSで知り合った友人2人と偶然出会う(^^;
これから白川郷の方まで行き、今日はキャンプするそうで、途中まで同じ方向だねと
ちょいと雑談をし、先に休憩しては2人は出発していった。

自分は買ってきたおにぎりをパクつき、一服いれて、すこしノンビリ。
他のSSTR参加者の方とも、雑談したりしたトコで、ようやく出発。

R158を進むと、のどかな風景から、山間のキレイな場所に移り、
ソロで来てたら絶対写真撮りまくってチンタラ走ってそうな場所だけど
今日はノンビリも出来ない。

そして、道の駅「風穴の里」へ到着。
e0003097_15155790.jpg

e0003097_1516823.jpg

ここが長野県の道の駅ではチェックポイントになってる場所で、
すでにスゴイ数のSSTR参加者でいっぱい(^^;;;
お約束の位置と距離、写真の送信を済ませて、スグに出発。
クルマの数もそこそこあるので、ペースはちょっと遅め。

安房峠からは、安房峠道路(有料)を使い峠道はカット。
ほとんどトンネルばかりなので、景色は全然見れない。
終点の平湯ICからは、またR158で高山方面へ向かう。

途中のコンビニでトイレ休憩。
ついでにこの先の雨雲状況を見ると、通る予定の白川郷の付近で豪雨になってる。
「今のうちにレインウェアを着込んでおくか」と雨対策をして出発。

高山市内に入ったトコロで、ろくにルートチェックをしないで
前を走るクルマについて行ってたら、道に迷うも
迷った場所で気になるお店を発見(^^)
e0003097_152327.jpg

こんな看板を見かけちゃったら、素通りは出来ませんがなwww
早速、バイクを止めて、お店の看板の名の売り物「メンチカツ」と「コロッケ」を頼んでみる。
e0003097_15243210.jpg

e0003097_15244399.jpg

1個からでも、注文を受けたら揚げてくれるそうで、
「4分ほどお待ちください」とのこと。
待ってる間、いろいろ眺めてみると、カレーとかいろいろお店の中でも食事が出来るみたい。
e0003097_1526862.jpg

そうこうしてると、注文したメンチカツとコロッケが出来上がった(^^)
e0003097_15265162.jpg

揚げたて、サクサク、超アツアツでしたが、飛騨牛&淡路産玉ねぎを使用してる
メンチカツはお値段高めですが、美味しかったです♪
メンチカツを食べながら、高山の街並みを眺めてると
観光に来ていたおじさん(バイク乗りだそうな)が、自分のバイクを見て
「すごい荷物だな、これなら世界一周出来そうだ」と(^^;
荷物多すぎなのは自分でも分かってるんです。
(昔からいつも、必要なモノ以外にも持って歩くタイプなんで・・・)

それにしても高山市内の街の雰囲気がイイ。
昔ながらの街並みを大事にしつつ、新しいものも上手く馴染ませてる感じがしました。
e0003097_15304748.jpg

e0003097_15305724.jpg

e0003097_15311964.jpg

時間があったら、ゆっくりと街を歩いて散策してみたいトコロですな。
途中で見かけた橋(名前は知らないけど)からの風景が、
昔、仕事で高山のお祭りの写真を使った事があり、
その時に高山市役所に電話して、使用許可の依頼をしたのを思い出した。
「おおっ、ここからの眺めがあの写真のトコロだったのか~」と(^^;
写真撮っておけば良かったw

高山市内を抜けて、白川郷・金沢方面へ行くために
東海北陸道を使おうと思い、R158を走らせると松本で出会った友人建ちと
再び信号待ちで合流w
しばらく同じ方向に行くので一緒に走り、途中で自分は
高山清見道~東海北陸道に行くために高山西ICへ。
友人達はそのまま下道で白川郷方面へ向かい、お互い手を挙げて合図してここでお別れ。

飛騨清見で東海北陸道に入り、そこから一気に金沢方面を目指す。
雨雲レーダーの通り、白川郷あたりで豪雨に遭うも、トンネル区間が多かったので少し助かる(^^;
豪雨エリアを抜けて、城端SAで一旦休憩。
この辺りは当然初めて来る場所だけに、距離感や、かかる時間がイマイチ分からない。
白川郷から金沢まででも、もっと早くに着くのかと思ってたが、
想像してたよりも距離も時間もかかるので、
当初予定してた「白川郷でノンビリ撮影を・・・・・」
なんてやってたら、ゴールに間に合わなかったトコロだwww

ゆっくりしてる場合でもないので、早速出発し、
東海北陸道~能登道へ入り、小矢部東ICで高速を降り、
下道で小矢部市街へ行き、そこでまた給油。
ついでにGSの店員さんに、千里浜までのルートを聞いてみると
分かりやすく千里浜までの快走ルートを教えていただき、助かりました。

教えてもらったR471を、他の参加者さん数名も通るようで
自分はその人達の後ろにくっついて、早めのペースで引っ張ってってもらい
(GSの店員さんの言った通り、ほとんど信号が無い)
1時間かからずに千里浜近辺までたどり着いた。
途中、ひとりでルートを確認しながら走って、うまい具合に
なぎさドライブウェイの入口に到着。

SSTR参加者で渋滞が起きてるほど(^^;
e0003097_15481695.jpg

砂浜の道に入って、自分も記念に撮影を。
e0003097_15485917.jpg

e0003097_15491212.jpg

e0003097_15492389.jpg

「ゴールまで、8km」の表示を見つけ、
「この道って、そんなに長いんだw」と驚き(^^;
あんまり遅く着いてたら、マジで間に合わなかったな。

延々と続くバイクの列に続き、ゴールへと進む。
途中で見てる人なんかが、手を振ってくれるのがスゴク嬉しい(^^)

これで天気が良くて、日没が見れたら最高なトコだけど、
まあ、無事にゴール地点まで辿り着いただけでもイイっか。

特設ゴールをくぐると、何とも言えない達成感。
e0003097_15525121.jpg

ゼッケン番号を確認され、到着タイムが記録される。
バイクは一旦、会場の外に誘導され、臨時の駐輪場へ行かされる。

途中で、主催者の風間さんが、タッチをしながら
参加者の到着を待っていてくれて、
今回のシステムエラーについて、一人ひとり誤ってくれている。
e0003097_15545712.jpg


駐輪場では、参加の記念品がわりに
サイドスタンド用の板も配られていて、いただいてきました。
e0003097_15554371.jpg

芝生の駐輪場にバイクを止めて、駐輪場を眺めると
スゴイ数だなと改めて思う。
今回のエントリー台数が1800台。
去年の倍のエントリーだとか。
e0003097_1556216.jpg

e0003097_15564015.jpg

e0003097_15565488.jpg

バイクを止めた後は、会場に歩いて戻り、そこで完走チェックシートに必要事項を記載して
受付に出すと、完走証明のバッヂやTシャツなんかが記念にいただける。
e0003097_1558458.jpg

e0003097_1601696.jpg

e0003097_1602949.jpg

そして、サービスでおにぎりと貝汁もいただける。
貝汁、普段はあまり貝類は苦手な方なので、手を出さないけど
コレは美味しかったなぁ(^^)
e0003097_15594828.jpg


しばし、ゴール付近で眺めていたけど、
他にも参加している友人を探そうかとも思ったけど、
あまりにも見つけにくいので、諦めて会場を後にすることに。

この日の宿(ビジネスホテル)は金沢市内に取ってあるので、
まずはそこまで戻らなきゃ。
出る準備をしてると止んでた雨が、パラパラと降り出してきた。
レインウェアを脱いでいたけど、あまりにも強くなってきたので、
道の途中で軒先がある郵便局で、レインウェアを着て、
完全に陽が落ちて暗くなり、雨脚の強くなったR159を金沢方面へ走る。

途中で「金沢 30km」の表示を見て、
「30km?」
「ウチ(都内)から実家のあるトコ(千葉の柏)ぐらいの距離じゃん」
「てコトは、1時間半くらいはかかるのか?」
千里浜から金沢って、意外と距離があるコトを知りました(^^;
(勝手に、もっと近いのかと思ってた)

雨強いし、暗いし、道を確かめたいけど、
雨宿り出来てゆっくり道を調べる場所が見つからない
ので、もう道なりに「金沢市街」方面を頼りに走る。
成り行きに任せて走ってたら、山側環状というのを走っていたのか、
ホテルに近い場所まで難なくこれた。

ホテルの場所を確定するのに少し手間取ったけど、
8時頃には予約しておいたビジホに到着。
(チェックイン時間は遅めに設定しといたので、その辺は良かった)
ホテルの人も、本来はバイク置き場じゃないだろう
ホテル裏側の通用口(天井が低いが雨風はしのげる場所)に
バイクを止めさせてくれて、おかげで荷物の積み下ろしが非常に助かりました。

自分で積んどいて何だが、荷物が出来るだけ少なく、コンパクトに!
を目指すコトをしようと思わされましたwww

荷物を部屋に入れて、濡れた服を乾きやすそうなトコにかけ、
着替えてスグに、ホテル前にある閉店直前のスーパーに行き、
晩ごはんなどを買い込み、部屋で簡単に一杯ひっかけながらゴハンタイム。

そのうち疲れから、そのままバタンキューでした。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

明けて翌日(9月18日)

この日もSSTRのイベントが、千里浜のある羽咋市の施設であるんだけど、
まだ降り続く豪雨で、またあっちまで行くのは、ちょっとキツイ(><)
それに、自分で予定していたキャンプもこの天気の状態では
実行するのも厳しいし、何より自分のココロが萎えちゃって
もう帰る気の方が・・・・・・。(出来れば、バイク置いて新幹線でw)

とりあえず、朝食をホテルで済ませ、
出発する準備を整えて、朝9時半頃には帰路へ。

「ああ、結局、地元の美味しいモノとか食べに行く機会無かったなぁ」
(全身ずぶ濡れで、お店とかに入る勇気が出ません)

金沢東ICから北陸道に乗り、北上する形で一路東京へ。
もう走り出しから豪雨の中なので、もう腹も座ったというか、諦めの境地w
「天気が良かったら、ここからの眺めもイイんだろうな~」とか
「この辺りもキャンプツーで行く予定だったんだよな~」とか
雨の中で景色をキョロキョロしながら走る。

小矢部SAで給油と、会社へのお土産を購入。
荷物はこれ以上積めないし、積めても雨で濡れそうなので宅配を依頼して出発。

有磯海SAでも小休止。
こんな雨の中、バイクは多い。
みんなSSTRの参加者のようで、みんな大変だ(^^;

名立谷浜SAに着く頃には、雨が一旦上がり、ホッとして
少しノンビリ休憩しようかと、トイレ休憩と一服してる間に、また降り出してきた(T T)
e0003097_16361542.jpg

e0003097_16362989.jpg

ここでも給油してから、この先の上越JCTから上信越道へ。

相変わらずの雨につづき、妙高高原あたりでは霧まで出てきて
視界50mくらいまでになるが、クルマの数は少ないので
自分のペースで走れるので意外と快適(雨じゃなければ、もっと快適)。
霧に不安になりつつも、何でか妙にハイテンションw

松代PAまで一気に走り、ちょっとココで休憩。
「松代か。第二新東京市だなw」
エヴァンゲリオンファンならお分かりかとw
e0003097_16365167.jpg

ここでは少し雨も上がった状態だったので、軽くパンでも買ってノンビリしようかと
思ったトコロにまた雨が降り出す(--;;;
休憩もほどほどに、出発。

さて、ここから関越方面を目指すか、中央道方面を目指すか迷ったが、
何となく気分で、長野道・中央道ルートへ。
姨捨PAを通り過ぎ、
「晴れてるとここからの眺めサイコーなんだよねぇ」
と思いながら、またいつかリベンジしに来るコトを考え、
みどり湖PAあたりで眠気覚ましに休憩。

まだもうちょいガソリンが持ちそうなので、そこから双葉SAまで
土砂降りの中をかっ飛ばす。

双葉SAまで来ると、また雨も収まり、ここでもちょっとノンビリつまみ食いタイム。
朝のホテルでの食事後、ゴハンはパン1~2個程度を食べてお腹をつないでる感じ。
(濡れたレインウェアを着たまんま、もしくはいちいち脱いでレストランに入るのが面倒)
バイクにも最後の給油。
ここから東京までは、大体2時間圏内だし(空いていればの話し)、
気持ち的には「帰ってきたな」という気分になってくる。

双葉SAを出ると、さっそく「この先、小仏トンネルあたりまで渋滞30km」のお約束表示。
適度に抜けながら、八王子を過ぎ、石川PAまでたどり着き、最後の休憩。
ここまで大分、雨も収まったので、もう大丈夫だろう・・・・・と
レインウェアの上だけを脱いで走りだしたら、また降ってきやがった(--#
「もうどうにでもなれ!」と首都高に入るまで止まらず走り、
首都高C2の地下道の熱気で、濡れた服を乾燥させ、
何とか19時半頃には無事に帰宅。

荷物を下ろし、汚れたレインカバーを風呂場に叩き込み、ついでに自分もシャワー。
キレイさっぱりしたトコロで、晩ごはんは何も用意してないので、
近所の居酒屋まで行き、帰宅後の一杯と晩ごはんタイム。




2日間の走行距離:1,101.2km。
(内、SSTRでの走行距離:464km。)

SSTRは楽しい経験になって良かったですが、
楽しみにしてた夏休みのキャンプツーリングがおじゃんになって
超悔しいっス(T T)
絶対、近いうちにリベンジキャンプしてやるぅ。
[PR]
by tsmd | 2016-09-19 14:26 | バイク・車

tsmdの気まぐれブログ


by tsmd
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30