人気ブログランキング |

LOFTY PEAK

loftypeak.exblog.jp ブログトップ

長野一泊二日ツーリング(その2)

(その1より)

三峰展望台を後にして、今度は道の駅「美ヶ原高原美術館」へ。
e0003097_1701221.jpg

e0003097_1701270.jpg

かなり風が強かったけど、その風が吹き飛ばすかのように
辺りの雲が晴れてきて、上田方面が良く見えてくる。

だんだん晴れて来て良かった~と安心すると、お腹が空いてきた(^^;
バイクは諏訪で降りた時に給油済みだったから、しばらく大丈夫だったが
自分自身は、出発前に家でちょこっとパンをつまんできただけで、
午前11時現在、まだ今日はまともなメシを食べて無い。

道の駅の中にあるレストランがやってたので
(朝早くに出かけると、お腹空いた時間帯に、まだお店がやってない事が多くて
いつも食事のタイミングを逃すので、今回はメシにありつけて良かった方だ)
いろいろとメニューを見るが、お蕎麦系か、ゴハン系のどちらかの選択肢。
e0003097_1774593.jpg

e0003097_178260.jpg

蕎麦も魅かれたが、カレー好きの人間の性?
カツカレーという単語を見かけると、いつの間にか頼んでしまう(T T)
「三元豚カツカレー(1200円)」と、つい勢いで「アイスティー(300円)」を頼む。
カツカレー・・・・・・カツはまあそれなりに美味しかったが、カレーのルーの方が
何かいつも良く食べてるレトルトっぽい味に近くて、ちょっと残念。
アイスティー・・・・・入れられたコップが、定食屋にありそうなコップで残念感アップ(--;

まあ、とりあえず、お腹に燃料は入ったので、この日の目的地
道の駅「いけだ」を目指すべく、まずは山から下りねば!

ビーナスラインを途中まで戻り、扉峠を経由して松本市内を通り抜けるルートを選択。
e0003097_1722376.jpg

e0003097_17223130.jpg

寂しい山間を抜けて、松本市街地に近くなると、なかなか良い景色。
おまけに空もどんどん晴れてきて、かなり暑い。

渋滞の松本城近くを抜けて、R19に出る。
それにしても、この近辺の人の走行スピードが
速過ぎる!(^^;;;
都内だったら白バイの餌食確実なくらい、みんな飛ばすからちょっと怖い。

R19→K51でこの日の集合場所である、道の駅「いけだ」に午後13時半過ぎには到着。
集合時間まで、まだ2時間以上の余裕がある。
まあ、時間ギリギリとかになって焦るのが嫌いなので、待つのは慣れてる。
ここに来るまでに、途中の状況とかをネットに書き込んだり、写真を撮ったりで
スマホのバッテリーが無くなりそうだったので、持ってきた予備バッテリーで充電しつつ
ソフトクリームを食べ、みんなの到着を待つ。

集合時間は16時だが、みんな徐々に到着してきて
初めてお会いする人が多かったけど、バイク乗り同士気軽に話しかけられる雰囲気があって
全員が揃うまでおしゃべりしながら待ち、集合時間になり、一部遅れている人もいたけど、
ほぼ参加者が揃ったところで、本日の宿泊予定地の「犀川交流センター」を目指して、みんなで出発。

e0003097_17353579.jpg

宿泊場所の「犀川交流センター」。
元々小学校だったところを宿泊用にしたので、ホントに学校に泊まるような感じで新鮮(^^)
e0003097_17371876.jpg

e0003097_1737353.jpg

e0003097_17375113.jpg

e0003097_17394518.jpg

管理人さんからの諸注意を聞いて、宿泊代(2050円)を先払いし、
シーツと枕カバーを受け取りお部屋へ。

荷降ろしした後は、お酒などの買い出しに行く人、料理の準備をする人などに分れて
夕方には室内(家庭科室?)でホットプレートBBQ開始(^^)
(食材は幹事さんが事前の準備をしてくれていたので、スムーズに始められました)

ほとんど初顔合わせな人ばかりでしたが、美味しいお肉を食べたり、お酒を一緒に飲んだりしてると
スグに打ち解けられて、楽しい食事の時間になりました。
食事終了後は、朝早くから動いたのと、お酒の影響もあってか、
部屋で即バタンキュー(-_-)zzz
おかげで翌日は午前3時半には目ぇ覚めました(^^;

<本日の走行距離:338km>

(その3へ)
by tsmd | 2014-08-25 17:52 | バイク・車
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31