LOFTY PEAK

loftypeak.exblog.jp ブログトップ

関西(京都・滋賀)方面2泊3日ツーリング(3日目)

★6月8日(月)<ツーリング3日目>
この日は、計画当初は長野県方面(木曽駒ケ岳)に寄って、東京方面に帰る予定だったが、
前日のパンクの件もあるので、大人しく東京まで帰る予定に変更。

朝5時、スマホのアラームで起床。
いつもツーリングの時は、寝覚めはいい方なんだけど
この日は何だかまだ眠いzzz

2日分の疲れと、糖尿病とか無呼吸症のせいもあるんだろう。
それでもこの日は午後から、東海地方の天気予報では雨の降水確率が高くなるようなので
雨につかまる前に関東圏に帰りつきたいので、眠気を覚ましながら出発準備。
泊まったビジネスホテルの宿泊プランでは朝食(バイキング)付きになってたが、
朝6時半からのようだし、6時には出発出来る準備も整ったので
自動精算機でチェックアウトを済ませて、ホテルを出発。

小牧ICに入ると早速工事渋滞(--;;;
「ああ、そうか。平日だもんなぁ」と思いながら、1車線分しか走れないトコロを
そのまま渋滞にハマりながら走る。

1日目にも寄った「上郷SA」で休憩に立ち寄る。
e0003097_2157366.jpg

昨日、コンビニで買っておいたパンを少し食べて、今日はどのルートで帰るべ
と、ルートチェック。
行きは新東名を通ったから、帰りは気分を変えて東名経由で行く事に決定。

蒲郡の辺りを過ぎたトコロで、メットに雨粒が結構当たってきた。
「ええっ?午後から雨じゃないのかよ~」とボヤきながら、
すぐ近くの「赤坂PA]に入りカッパを着込んで再度出発。

平日なので大型トラックの多い東名を、タイヤを気遣いながら
ノンビリペースで走り、「浜名湖SA」でトイレ休憩に入る。
e0003097_223463.jpg

SAからは浜名湖が一望出来る良い場所だけど、
今日はあいにくの曇り空で、せっかくの景色もイマイチ。
e0003097_2235983.jpg

それにしても、SAにいた大半の観光客が中国人。
人目も気にせずベタベタしながら歩くカップル(--;
手でボタンを押して開ける自動ドアが分らず、ず~っと立ちつくす夫婦(横から押してあげました)。
はしゃぎまわるガキんちょ(これは万国共通か?)。
中部国際空港とかが近いから、そこを拠点に周辺を観光する中国人とかが多いんだろうねぇ。

さて自分は、「せっかく浜松を通るんだから、鰻なんかをちょこっと食べたいなぁ・・・・・」と
SAのうなぎ屋さんの店舗を見ると、まだ開店時間前でやってない(T T)
e0003097_2275540.jpg

「そんじゃ、浜松餃子なら売ってるか?」と探すと、屋台の餃子屋さんはやっていた。
早速1パック買うと、店員の若そうな兄ちゃんが声かけてきた。
どうやら、兄ちゃんもバイク乗りのようで、「Ninja250に乗ってるんだけど
仲間が隼に乗ってるので、なかなか付いていけないから、最高速を速くするのに
どうしたらイイっすかねぇ」・・・・と相談される(^^;
「スプロケを変えたり・・・・」とか何か色々聞かれるが
(デカいバイクに乗り換えた方がてっとり早いんじゃない?)とは言えずw
そんな話しをちょこっとしながら、買った餃子をバイクのトコで食べようと駐輪場に戻る。
e0003097_2211999.jpg


「餃子を食~べよ♪」としてたら、さっきから視界に入っていた
SA内をウロウロする60代くらいのオジサンが、自分のバイクを眺めながら
「これって何ccなの?(九州弁らしきイントネーション)」と声かけてきた。
「400ccですよ~」
「今の400はこんなに大きいんだ(驚)」と。
このオジサン、昔はスズキのGT380に乗ってて、日本一周ツーリングなんかもしてたんだとか。
そんなバイク談義をして、オジサンも離れて行ったので、
いよいよさっき買った浜松餃子を試食。
「う、ウマいっス」

餃子を食べ終わった頃に、またオジサン登場。
「申し訳ないけど、タバコ1本恵んでくれないかな?」と(^^;;;
「どうぞどうぞ~」と1本提供。
よくよく話しを聞くと、ヒッチハイクで前日に浜名湖SAまで結構な距離を来たんだけど、
そこからなかなか次に乗せてくれるクルマが見つからず、ずっと探してるんだとか。
目的地は浜名湖の少し先だとか言ってたが、
「バイクの人には、さすがにヒッチハイクで乗せてとは言えないからねぇ(笑)」とオジサン。
(この人、ヘルメットがもう一つあったら乗ってくる気満々だったな?www)と想像(^^;;;

深く関わる前に、自分も十分に休んだので、浜名湖SAを出発。

ノンビリ走ってると、そろそろ眠気が出てきた。
小笠PAで小休止して、一応眠気を飛ばしたけど、
また走り出してあまり時間が経たないうちにまた眠くなってくる。
「やっぱ2日分の疲れかなぁ」なんて思いながら、眠気と格闘しながら走るも
日本坂PA手前ぐらいで、眠気もMAX。

いつも通りの眠気覚ましをするも、全然復活する兆しがない。
「ちょっとだけ仮眠しとくか」とベンチに座ったまま、10分程度寝る。
(あしたのジョーの最終回状態で寝てましたw)

今までも仮眠するというコトはせずに、10分程度休めば何とか復活してたけど
今回はちょっと休んだぐらいでは、なかなか眠気が飛ばない。

また出発してしばらく走るも、やっぱりスグに眠くなる(--;;;
「ちょっと単調なルートやペースを変えて、気分転換してみるか」と
清水JCTから新東名にルートチェンジ。
もっとストレートが続く新東名に、眠気はさらに加速w
「ああ、もうこりゃダメだ」と、またすぐ近くにある清水PAに飛びこみ
駐輪スペースの屋根の柱部分(広いコンクリート壁)があったので、
そのまま寄りかかって、今度は結構本気で寝てた(^^;

平日なので、バイクも少ないので10~15分くらいは寝てたかな。

起きたトコロで、一台のNinja400か250に乗った若そうな兄ちゃんが
バイクを止めてスタンドを立てたと思ったら、そのままメットも取らずに
バイクに伏せるように爆睡開始w
「オレと同じで、超眠かったんだね(^^;」
起こさないように、そ~っと自分はカッパを脱いでしまいこみ、
自分の目を覚ますためにPA内に移動。

休憩の度にコーヒーを飲んだりしてたが、もうその程度では目が覚めなそうなので、
ちょうどお昼ゴハン時でもあったので、フードコートでカツカレーを注文。
e0003097_22381847.jpg

e0003097_2239143.jpg

カレーを飲み干し?、お茶飲んで、一服して、目覚ましフルコースで少し復活。
名古屋からここまでで、すでに6時間以上経過してるほど、スーパースローペース。
(ホントに、帰りつけるんだろうか?)
と自分でも心配になる(^^;

新東名を走り、東名に合流する御殿場JCTあたりに来ると、
復活したはずの眠気がまた襲ってくるので、足柄SAに入る。

もう自分でも嫌になるくらいの休憩回数。
覆面に捕まる前までは、ある一定の速度を保って走ってると眠気は無かったんだけど
今日はタイヤの状態もあるし、また捕まるワケにもいかないし・・・・・で、
何か飛ばせずに走る状態が続くので、眠気もなかなか晴れない。
足柄SAでも、休憩しても余計に眠くなる一方なので
かなり真面目に「バイク置いて、電車で帰ろうかな・・・・・」なんて考えてた程。

またベンチで仮眠を取って起きると、今度は今までの中でも一番スッキリ冴えた。
「これは今のウチに距離稼いだほうがイイな」とスグに出発。
ついでに給油と空気圧チェック&補充。
給油の度に空気圧チェックしてるが、微妙に(0.1~0.2程度)抜けてる感じ。
GSのオジサンが入れてくれて、ついでにバルブのキャップが無くしてたので
(パンク修理の時に、そのままそこに置き忘れたかも)
GSに余ってたキャップを付けてくれた(^^;
(愛想あまり良く無さそうなオジサンだったが、意外とやさしい人だった)

そこから、いつも土日の東名だったら劇混みの海老名JCT付近もスイスイ抜けて、
最後の休憩場所として、海老名SAに立ち寄る。
今のトコ、眠気は無いので大丈夫(^^)

しかし、海老名SA(上り)は久々に来たけど、もうSAというより、
大きい駅の駅ナカのショッピングモール並みだね(^^;
e0003097_2251152.jpg

食べ物屋の充実っぷりがハンパなかった。
ついでに、明日のメシでも買っていくかと、パン屋さんで
「海老名カレーパン」なるものを買ってみた。
海老フライが上に乗っかったカレーパン。
e0003097_22524594.jpg


海老名SAを出発してからは、首都高まで順調に進み、
首都高に入ればもうこっちの庭みたいなモノ。
自宅の最寄りの出口で降り、家まで直行。

結局、名古屋から10時間以上もかかって、ようやく帰宅_| ̄|〇
もう今後は、一日で500km以上超える走りは無理かもねぇ。



3日間の走行距離:1408.3km
by tsmd | 2015-06-11 22:57 | バイク・車
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31